XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

XTR/Hydro For Japanボード

XTRテクノロジー

HydroFlexテクノロジー

弊社オリジナル素材

XTR/Hydroショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Fever(フィーバー)

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

 

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

サーフボード詳細ページ

 


【日常的な2ft(もも)から6ft(オーバーヘッド)の波でどんな状況でも使えるパフォーマンスデイリードライバーモデル】

 

このフィーバ−モデルは、アルメリックの多くの実績を残してきた間違いの無いハイパフォーマンスショートボードです。このボードのメインの開発者となったのは、シェイパーのマイケル・アンドリューと、チームライダーのパトリック・グダスカス。彼らは世界ツアーでも幅広いコンデション・波のタイプ・波の力で自信をもって使えるボードのデザインを念頭に開発を行いました。

 

ボードは誰が乗ってもユーザーフレンドリーで、乗った瞬間から

 

”スピードとボードの反応”

 

をすぐに感じられるデザインです。ボードはCIサーフボードのプロトン、ルーキー、そしてMBMの良いところを混ぜ合わせたデザインです。

 

浅めのシングルコンケーブと弱めのロッカーを組み合わせ、サーフボードにスピードを出すための足のスタンスのスイートスポットが広くて、幅広いスタンスに対応します。多少スタンスが崩れても、ボードのスピード能力が欠けません。プロトン・ルーキー・MBMよりアウトラインをストレートにしていることも加わって、幅広い波のタイプで使える究極のオールラウンダーとして生まれ変わりました。

 

【Feverモデルを開発の一端を担ったプロサーファーのPatrick Gudauskasの話】

 

 

Feverモデルは自分が望む要素(スピード・ドライブ感・乗った後のしゃっきっとしたフィーリング)を、すべて兼ね備えたボードが欲しいという要望から開発されたオールラウンドパフォーマンスショートボードです。

 

CIサーフボードのシェイパーの1人である、マイケル・アンドリューと共に開発したこのモデルは、幅広いコンデションで高いレベルのサーフィンを常に可能にするボードです。世界トップツアーレベルの良い浪から、WQSレベルの波の整わないようなコンデションでも、乗った際にすぐにわかる

 

・スピードのつきやすさ

・動きや操作性の良さ

 

を感じてくれることでしょう。私(Patrick)は、このボードを2〜3フィート(モモ〜腰くらい)の弱めのカリフォルニアのビーチブレイクから、頭半くらいの質の高い波(例えばAUSのSnapper Rocks、J-Bay、Trestles、HawaiiのHaleiwa、そして同HawaiiのBackdoorにまで)にまで幅広く使います。使うブレイクの幅を加味いただければ、ボードの高い汎用性がお分かりになることでしょう。

 

使い分けとして、波が超小波から小波でのパフォーマンスを可能にする、ポイントノーズのGrovellerスタイルボード(CIで言えば、Neck Beard、Sampler、New Flyerなど)と、ステップアップボード(Proton-Step Upなど)の中間として使います。

 

もともと私(Patrick)は、Proton・Rookie/Rookie15・T-Low・MBMを様々なコンデションで使い分けしていました。気に入っているボードでも、それぞれデザインにはそのボードが威力を発揮するシチュエーションが違います。

 

Protonはパワーがあり、掘れている波で最大の威力を発揮します。ですが、波が厚くなったりするとスピードが全く出ません。Rookie/Rookie15は、ベルズ(AUSのクラッシックなポイントブレイク)のようなトップToボトムの大きなターンが出来るような、オープンフェイスが広い波に適します。ですが、不規則かつパンチ&早いビーチブレイクは得意でありません。

 

ですので、このFeverには波によって性能が大きく左右されないように私が要求するすべての要素を満たす(スピードとドライブ性能が高く、それでいてコントロール性能があるボード)デザインが入っています。この素晴らしいボードは、一般のサーファーが乗ってもすぐにその性能の高さがわかります。テイクオフした瞬間に感じられるスピード感と、スナップの効いたその板の切れ味は、すべてのサーファーを感動させてくれるはずです。

 

ツアー選手を含め、ボードが正式にプロデゥースされてから評判が高いボードとなっています。これ1本ハイパフォーマンスデイリークイバーとして、あなたのレベルを1も2も上げてくれるに違いないお勧めボードとなります。

 

アルメリック(チャンネルアイランズ)サーフボード

 

【オーダー方法】

通常のノーマルショートと同じようなサイズでオーダーするのがお勧めです。Patrickは

 

5’10” x 18 1/2 x 2 1/4

 

というサイズを使っています。レールはやや丸みを帯びています。テールにデザインされたヒップが効いているので、丸目なレールによる安定感とスピードと、操作性のバランスがとても高いです。

 

【ボードデザイン考察】

このボードの原型はRemixモデル(つまりルーキーとMBMのミックスボード)です。ライダーのPatrickはRemixを主にワールドツアーで使用していました。ですが、ボードにスピードの要素を更に入れたいと思っていたのです。そこからこのFeverが誕生したのです。まずはRemixのノーズとテールのロッカーを弱くし、コンケーブをシングルにしました。そして、テールのテンプレートはヒップが効いたMBMのものを合わせました。これらの調整により、スピード性能を上げて、それでいてボードのテール側1/3”のコントロール性能を高めているのです。スピード性能が高く、それでいてコントロール性能が高く、そしてボードのスイートスポット(ボードにスピードとコントロール性能を与える足の置き場所)が広い、フレンドリーなボードとなりました。

 

弊社は日本のXTR素材の総代理店であり専門店であるので、CIサーフボードはすべてXTR素材にてご提供いたします。USにあるラック品ボードより品質とシェイプのクオリティーを上げ、日本のお客様に安心して世界トップブランドのXTRサーフボードをお乗りいただけるようしています。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

【CIサーフボードのMike AndrewとPatrick Gudauskasによる解説要約】
*一部メーカーとの実際の対話による追加の加筆も加えています。

 

このサーフボードは現在カスタムオーダー対応です。

 

アルメリックサーフボード

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:やや広めのポイントノーズ
テール幅:標準
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:標準
ロッカーのスタイル:流れるようなロッカー
アウトライン:やや直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックスタイル
フッターの適正:ナチュラルフット
適正サーファー:中級〜上級者まで

■適正の波■
サイズ:もも〜頭半
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク(すべての波のタイプ)
波のパワー:弱めから中くらいのパワーの波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ。XTR素材へのお勧め詳細は、弊社の是非ボードプロアドバイザーへお問い合わせください。一般サーファーで中級レベルならば、ハイパフォーマンスを目指すサーファーは体重の38〜42%くらいのCL値。もう少し余裕を持ちたい方は体重の42〜46%くらいのCL値設定を推奨します。

 

■標準サイズのスペック■

*弊社の日本向けXTR素材は、すべてメーカーサイドに日本用として素材のランクアップやシェイプの正確さをしていしてのカスタムオーダーです。高い品質とシェイプを要求される日本の皆様によりお楽しみいただけるようにしています。そのために以下のStandard DimはUSのストックボード用チャートのCL値と微妙に異なることがございます。

 

ボード素材

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

テールチョイス

スカッシュ、スワロー、ラウンド

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

【一般サーファーによるライド映像&解説の要約】

 

 

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト