XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

New Flyer(ニューフライヤー)

 

アルメリックサーフボード

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

サーフボード詳細ページ

 


【これぞ日本にジャストフィットの究極オールラウンダー】

 

1999年にアルメリックはあの有名なFlyer(Version1)をデザインしました。そのボードが小波〜中波系のボードの革命・革新デザインとして、サーフボードシェイプデザインに多くの影響を与え続けてきました。そして2013年にその後継機がついに誕生。Flyer 1をより短く・幅広にした最新のデザインが、このNew Flyerとなります。

 

USのサイトでは、小波向けとも言われていますが、そんなことはありません。ヒザの小波から、オーバーヘッドのポイントブレイクまで幅広く活躍します。これ1本でハイパフォーマンスボードは日本では十分と感じさせてくれることでしょう。まずは、そのアウトラインシェイプを短く・幅広にしました。より短く・幅広になった新しいアウトラインデザインが、クイックかつタイトなサーフィンを可能とします。

 

次はロッカーです。アルメリックのボードの特徴的な2ステージロッカーにより、速く、そしてコントロールがしやすいロッカーです。ノーズから24インチあたりまでのロッカーとテールから24インチあたりまでのロッカーを1ステージロッカーとして、センター(お腹あたり)のロッカーを2ステージとするロッカーとなります。

 

このロッカーの特徴は、水が入る場所と抜ける場所のロッカーと、スピードをつけるセンターのロッカーを分けていて、その機能分担をはっきりさせることが出来ると言う点です。特にクイックな動きが必要な、小波系や変化の激しいビーチブレイクでのボード反応の高さを引き出すことが出来るロッカーです。

 

ボトムはシングル〜スパイラルVEEとなり、スピードつけたい場合にはすぐに加速し、そしてターンをしたい際の反応が高いという、特徴のあるカリフォルニアにあるボードで小波〜中波系ボトムです。テールのヒップ(バンプ)はFlyer1よりフィンの上部に位置をさせ、こちらのターンのクイック差をより出せるようになりました。

 

これこそ、小波〜中波で一般サーファーが乗りやすくて、それでいてハイパフォーマンスを出しやすいモデルの決定版です。

 

ちなみに良く比較されるNew FlyerとFred Stubbleの差ですが、ロッカー・アウトラインがメインな違いです。

 

・Fred Rubbleはロッカーは切れ目の無い曲線を描きます。ノーズからテールに流れるような曲線を描きます。
・New Flyerは2ステージロッカーを持ちます。このNew Flyerの2ステージロッカーとは、センターエリアはフラット気味にしていて、ノーズ&テールエリアをフリップさせているロッカーです。つまりロッカーのラインを
ノーズフリップ・センターエリア直線・テールフリップと分けているわけです。

・Fred Stubbleはテールエリアは曲線を描くバンプの無いテールです。そしてNFよりテールエンドは幅広となります。
・New Flyerはテールエリアはバンプウイングテールとなり、テールエンドはStubbleより幅狭です。

Fred Stubbleのほうが流れるような切れ目の無いカービングを重視していて、New Flyerのほうは、スナップの聞いたクイックなターンを重視しています。

 

例えば、全く同じサイズのStubbleとNFを比較してましょう。

 

サイズ:5’10 x 19 x 2 3/8

Stubble v NF
vol: 28.0 v 28.5
N(ノーズ幅): 12.678 v 12.766
T(テール幅): 15.039 v 14.619
NRKR(ノーズロッカー): 4.836 v 4.945
TRKR(テールロッカー): 2.038 v 2.073

 

となります。どうぞご参考ください。


【CIのシェイパー”Britt Merrick(ブリット・メリック)”のデザイン解説要約】

 

このNew Flyerは、1999年に発売されて絶大なる人気を誇った

 

Flyer(フライヤー)

 

モデルのアップデートバージョンです。Flyerは当時、小波でのハイパフォーマンスを意識してデザインされたボードでした。力の無い波でも、スピード性能が高く、そしてターンも切れるデザインがFlyerでした。

 

CIチームライダーのBobby Martinezのアイデアがふんだんに生かされたこのボードは、

 

・クイックに動き
・スピードの乗りが良く
・パワフルなターンが可能

 

なボードです。

 

サーフボードには3つの重要ポイントがあります。

 

@ロッカーカーブ
Aボトム形状
Bアウトライン

 

です。New Flyerのデザインの根幹となっているその1つ1つを解説しましょう。

 

まずは、ボードのアウトラインを見ましょう。このNew Flyerは、Flyer比でより短く・幅広なアウトラインをしています。高いスピード性能とフローを生み出すデザインです。ただし、ターンもきちっと出来る&しやすいように、Al Merrickデザインボードで特徴的な

 

・フィン横にあるヒップ(バンプウイング)

 

があります。これはAl Merrickが80年代のTom Currenのボードに入れていたデザインを更にリファインしたものです。このヒップのおかげで、ボードのテールエリアを絞り込むことが出来ていて、よりタイト&クイックなターンを可能とします。

 

・スピードとフローを出すためのボリュームをキープしながら、クイックかつタイトなターンを引き出す

アウトラインです。

 

次はロッカーです。ロッカーは2ステージというロッカーを使います。ノーズロッカーから前側のセンターエリアまではロッカーが強く、センターエリアはロッカーがフラットです。そして、テールのフィン横エリアからテールエンドまではまたロッカーを強く取っています。

 

ロッカーと調和するように配置されているボトム形状はシングル〜スパイラルVEEです。コンケーブの役割は、ボードの適材適所に異なるロッカーカーブを配置し、ボードの性能を更に高めることです。

 

このコンケーブにより、ダウンザラインでスピードのノリがとても良く、ターンの際にはレールToレールがクイックに行えると言うわけです。

 

・早くそしてターンがしやすく、乗り手の意思にクイックに反応する

 

というマジックコンビネーションを引き出すロッカー&コンケーブデザインです。これこそ、乗りやすいオールラウンドボードです。通常のショートボードより短めに乗ることをお勧めします。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:ポイントノーズ
テール幅:やや狭め
エントリーノーズロッカー:標準〜やや強め
テールロッカー:強め
アウトライン:標準〜直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックサーフィン
フッターの適正:ナチュラルフットからややバックフット
適正サーファー:中級〜上級者まで

■適正の波■
サイズ:ひざ〜頭半

ボードのタイプ:ハイパフォーマンスボード
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいのパワー/多少掘れている波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ、または身長と同じくらいから2インチくらい短め

 

■標準サイズのスペック■

*New Flyerには2つのサイズ取りがあります。

 

@Standard Dims:スタンダードサイズ=よりハイパフォーマンスを意識する方

APlus-Dim:プラスサイズ=一般サーファー向け

 

アルメリックサーフボード

 

アルメリックサーフボード

 

ボード素材

アルメリックサーフボード

 

テールチョイス

スカッシュ、ラウンド、スワロー

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

アルメリックサーフボード

 

 

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト