XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

POD MOD(ポットモッド)

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

サーフボード詳細ページ

 


【今までのショートには無い感覚で、浮力を増しながらもアクションを出したいサーファーへ:短く・幅広・動き抜群のNewタイプボード】

 

2000年に発売された、オリジナルのPODは世界的に人気が出た傑作ボードでした。通常のショートボードよりも6インチ短く乗れ、そして革命的なデザインでの評判が高いモデルです。その傑作デザインを、CIチームとファクトリースタッフ、そしてシェイパーらが大きなデザインの変化を入れ、オリジナルPODよりも更に短く・幅広にしたデザインを誕生させました。それがPOD MODモデルです。

 

ボードは前側のボリュームを増やして、イージーなテイクオフを実現しながらも、パフォーマンス性能を全く犠牲にしないロッカー・アウトライン・コンケーブを持っています。

 

テールはオリジナルモデルよりも広く、小波でのスピード性能も抜群です。コンケーブはフラットからスパイラルVEEへと抜けるデザインで、簡単なレールToレールがこのボリュームのボードで可能となったのです。


【CIのシェイパー”Britt Merrick(ブリット・メリック)”のデザイン解説要約】

 

このPOD MODは、2000年にAl Merrickがチームライダーと開発したPODモデルをアレンジしたボードです。PODモデルは、スピード&フローする能力が高く、パドルが楽かつ、動きも十分出せるボードでした。

 

チームライダーとの開発でしたが、このボードは一般のサーファーも十分扱えるユーザーフレンドリーなボードでした。そのために世界中のユーザーに大人気を博しました。もともとのアイデアは、Al Merrickが乗っていたボードからでした。そのスケールダウンモデルがPODモデルだったのです。

 

そんな人気を博したPODモデルの

 

@ロッカーカーブ
Aボトム形状
Bアウトライン

 

の組み合わせをアップデートしたのがこのPOD MODモデルとなります。

 

このPOD MODは、CIのサーフボードラインの

 

Average Joe
High Five

 

と同様の、ハイブリットシェイプと同じカテゴリーとなります。その2モデルと同様に、乗っていて楽しいボードです。

Average Joeは一番リラックス&クルーズ系のボードで、Fishのデザインに一番近いモデルです。High Fiveは、そのAverage Joeより、パフォーマンス性能を上げています。Fishのデザインの名残は残していますが、Average Joeよりパフォーマンスを重視しました。

 

このPOD MODは、High Fiveより縦の動きを更に上げていて、リップやカットバック、レールを入れた深いターンもハイパフォーマンスボード同様に可能になっています。スピードとフローを保ったまま、ハイスピードでリップをするということが可能になっているボードです。

 

まとめると、

 

出来るだけパドル能力、スピード、フローを維持しながらも、レールを深く入れたターンやスナップの効いたリップをすること

 

が可能なサーフボードとなっているのです。

 

サーフボードには3つの重要デザインポイントがあります。それは先ほども述べた

 

@ロッカーカーブ
Aボトム形状
Bアウトライン

 

です。

 

まずアウトラインから見て見ましょう。アウトラインですが、Average JoeやHigh Fiveのように、広めのアウトラインをしています。Average Joeよりはノーズは狭くなりますが、High Fiveとほぼ同様のノーズ幅です。

 

ただし、良く見るとHigh Fiveモデルよりテールの絞りを強くしています。そのために、High Fiveよりタイトなターンを可能にしました。それでいて、High Five譲りのワイドノーズは保っていますので、パドル力が強く、テイクオフも早いモデルです。

 

次はロッカーです。ロッカーは全体で弱めにしています。ただし、ターン性能に大きな影響を与えるテールロッカーは、きちんと水がリリースするように強めにしています。

 

ロッカーと調和するように配置されているボトム形状はシングル〜ダブル〜VEEです。コンケーブの役割は、ボードの適材適所に異なるロッカーカーブを配置し、ボードの性能を更に高めることです。

 

コンケーブをボードのノーズからテールの中間エリアに入れることによって、ボードの中央のロッカーカーブをより直線的にすることが出来ます。それでいてレールエリアのロッカーカーブをそのまま残すことにより(つまりレールロッカーはセンターロッカーより強めにすることにより)、ボードをターンさせるためにレールに加重すると、簡単にボードがターン出来るようになります。

 

つまり、スピードを出すためにセンターエリアに加重している際にはボードのスピードが最大化され、ターンのためにレール加重すると、ターンの性能が最大化されるという仕組みです。そして、絞込みがあるテールデザインなので、ターンの切れが更に強調されます。フィンエリアにあるダブル〜VEEコンケーブがこの機能を担っています。

 

スピードを出したい時=スピードが出る
ターンをしたい時=簡単にターンが出来る

 

というマジックロッカー&ボトムの組み合わせです。

 

POD MODは、この手の丸めのボードで、スピードとフローを保ちながら、ボードのパフォーマンス性能を最大に高めたデザインです。まるで飛んでいるようなスピードが味わえて、そして縦に動かせる・・・楽しみがマックスになるボードデザインで、あなたの新しいクイバーひとつの選択となってくれるでしょう。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアムボキシー
ノーズシェイプ:ハイブリット
テール幅:やや広い
エントリーノーズロッカー:普通
テールロッカー:普通
ロッカーのスタイル:2ステージロッカー(ノーズとテールはフリップしていてセンターは弱めのロッカー)
アウトライン:曲線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クルージング
フッターの適正:フロントフッターからナチュラルフッター
適正サーファー:初心者(浮力を上げる)から上級者まで

■適正の波■
サイズ:ひざ〜頭+
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいのパワー/掘れている波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ、または身長から3〜6インチ短め。

 

■標準サイズのスペック■

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

ボード素材

アルメリックサーフボード

 

テールチョイス

スワロー

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

【一般サーファーのインプレ解説】

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト