XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Sampler(サンプラー)

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

サーフボード詳細ページ

 


【膝〜頭用の世界最速ショートボード Version 2!】

 

パフォーマンス性能を一切犠牲にしないで、小波・厚い波・そして弱い波で最大の力を発揮するボードがこちらです。

 

フィッシュ系統のHigh 5やPod Modと、ハイパフォーマンスボードの間のボードで、あなたのデイリークイバーとして様々な波に対応します。

 

傑作ボードのDumpstar Diverをよりモダンにしたデザインです。弱めのロッカーで、テールロッカーも弱いのですが、テールエンドにはキックを入れカーブラインを多く配置しています。走り出しが早く、弱い波でもスピードをキープします。テールのカーブは、思いっきり踏み込んでタイトなターンやエアリアルが簡単に出来るようにしています。ロッカーは世界の優れたデザインナーが、弱めの波に採用する

 

2ステージロッカー

 

New Flyerにも搭載されるこのロッカーカーブの考え方は、ロッカーを2つのステージに分けて考えるデザインです。見た目はロッカーがついているように見えますが、水が触る場所のロッカーは弱く(直線)となります。走り出しが早いのに、動きも出せるというマジックロッカーです。概して幅が広すぎないショートボードで、特に波が弱い時や厚い波の時に活躍します。

 

コンケーブはシングルから、フィンエリアはダブルコンケーブです。テールエンドにはVEEを入れています。アウトラインは幅広ですが、ノーズはスタイリッシュな幅です。センターエリアは直線を多く持ち、そしてテールにはAl Merrickのシグネチャーともいえるバンプウイング+スカッシュテールです。

 

アップスが出来るサーファーから簡単に乗れ、スピード溢れるボードです。通常のショートボードより2〜4インチ短め、1/4”〜3/4”インチ幅広、そして若干厚めに乗るのがお勧めです。もちろんカスタムでお客様のお好みのようにサイジングも可能となります。

 

【シェイパーとDaneのシェイプルームでの会話など解説要約】


このモデルは、波がいまいち整わない・弱め・厚めの波が多いカリフォルニアで開発されたボードです。 Daneのホームグラウンドの波は、波がとろかったり、厚かったり、スピ―ドを出すのが難しい力が弱い波が多くなります。

通常のショートボードでは十分にスピードが出なく、走りが弱い局面がカリフォルニアの波では良くあると言います。

そんな時には彼は短くて、ボリュームがあり、小さめや厚めの波によりフィットするDumpstar DiverNeck Beardを好んで使っていました。 このボードはDumpstar DiverNeck Beardに近く、彼の使うハイパフォーマンスのスタンダードボードのPeregrineのステップダウンボード(よりパワーの無い波で使うデザイン)となります。

ボードのロッカーはとても弱く、そしてそのロッカーのためにスピード性能が抜群です。そのスピードが中毒になり、こればかりDaneは乗ってしまっています。ロッカーが弱いからターンがいまいち?いえ、そんなことはありません。テールエリアのキックとアルメリックボードに特徴のある”ヒップ”をテールに入れることによって、タイトなターンが可能です。

ボードは、とにかくスピードが速いのです。ボードに立った瞬間から、すぐにトップスピードに持っていけるようなフィーリングで、ボードが生きているようです。そのスピード性能は、パドルしている時から感じます。その為に、パドルスピードが上がり、テイクオフも早いというまさに信じられないハイバランスを持つボードとなりました。

小波向けと言っても、日本ではこれ1本でオーケーな対応性も持ち合わせていて、”サーフィンはスピードがすべて”という方であれば必ず楽しめるボードです。世界一のフリーサーファーともいわれるDane Reynoldes。Daneと同じサーフィンは難しいとして、そのスタイルはこのボードに乗ることで養われます。これであなたもDane Reynoldesのようなサーフィンを是非してみてください。

そしてこのボードは、サーフィンが好きなショートボーダーおじさんサーファーにも朗報です。通常のパキパキのハイパフォーマンスボードだと、どうしても波に置いて行かれてしまう・・・スピードが出しにくい、スープにつかまることが多い・・・という方。そしてボリュームが無いポイントノーズは乗れるかな?と不安に思う35歳以上サーファー。波に多く乗りたいけど、パフォーマンス性能も維持したいという欲張りな方。若い時はバリバリなショートボーダーだったけど、体力が若干落ちてきた方などなど。

そんな貴方の最高レベルのハイパフォーマンスボードとなってくれること間違いありません。

今までつかまっていたセクションも軽々安定して乗り切り、そしてパドルも早く進み、見た目はカッコいいショートボード。まるで誰も持っていないシークレットウエポンを自分だけが乗っているという感覚になることでしょう。 5歳も10歳も若がえるような動きのあるサーフィンが可能です。

弊社のXTR素材Samplerを使っているお客様からの評判も上々です。

”かなり調子良いので、他のCIボードでもXTR素材でオーダーすることにしました”

”Samplerはスピードが速くて、そして動くし最高です”

”乗った後のあとサーフボードが浮いて走っていく感覚に感動しました”

などなどのインプレいただいています。

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

【CIサーフボードにスポンサーされていないライダーのライド映像と解説要約(一部加筆しています)】

これはアルメリックのSamplerモデルです。5’8”-19 1/4”-2 3/8”で28Lくらいのリッターとなります。通常26後半を使う自分(Nick Von Rupp)には少しボリュームがあって、ぽってりしていると持ってみて思いました。だから、波の小さいサマータイム用で活躍するのかな?と感じました。

ですが乗ってみると、触った感触と全然違ってとても感触が良いです。ボリュームはあるんですけど、レールも入れやすいし、深いターンも出来ます。

パドルがとても楽ですし、自分に合うボードです。お勧めは2〜3フィートのもも〜腰波から、もっと大きな波でも対応できます。良いボードですよ〜。

【Tim CurrenのSamplerモデルでのライド映像】

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:ポイントノーズ
テール幅:広め
エントリーノーズロッカー:弱め
テールロッカー:弱め〜標準+テールキック
ロッカーのスタイル:2ステージロッカー
アウトライン:この手のサーフボードとしては直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックスタイル
フッターの適正:ナチュラルフット
適正サーファー:初級〜中級〜上級者まで

■適正の波■
サイズ:膝〜頭
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱めの波〜中くらいのパワー波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ、通常のショートボードより2〜4インチ短め、1/4”〜3/4”インチ幅広、そして若干厚めに乗るのがお勧めです。

 

■標準サイズのスペック■

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

ボード素材

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

テールチョイス

スカッシュ、ラウンド、スワロー

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

【一般サーファーのインプレ解説】

 

ボードはシングルコンケーブ深めに入り、フィンエリアからダブルコンケーブとなります。そしてテールエリアでVEEが薄く入っています。これにより、ボードの浮く力が強く、そしてドライブ感に溢れます。テールのVEEは、広めのテールのコントロール性を良くして、レールToレールが簡単です。

 

ロッカーは、弱めのエントリーロッカーでパドルパワーを上げて、スピードの付きやすさを向上しています。ボードのセンターエリアのロッカーはフラット気味で、テールには適度なテールロッカーが入っています。このロッカーのタイプは、ステージドロッカーと言われ、ノーズとセンター、センターとテールエリアのロッカーを分けているロッカーの付け方です。

 

このロッカー特性によって、フラットでマッシーなセクションも簡単に乗り越えます。それでいて、テールのロッカーが効いているのでターンもタイトに出来るのです。ロッカーとコンケーブの高いレベルでの組み合わせにより、ボードはとてもクイックです。

 

アウトライン&フォイルを見てみましょう。これを見てもわかるように、ノーズエリアは幅が特段として広いノーズでは無くスタンダードなノーズの広さです。このすっきり目のノーズが、ターンをする際にクイックかつ切れのある動きを引き出します。

 

パッと見わかりませんが、サーフボードへ、多くの隠しフォームを入れています。強調されたフラットデッキでもなく、レールが厚いわけではありません。触った感じでは、通常のショートボードです。ですが、この短めのパッケージに、浮力がぎゅっと詰まっています。

 

そして、アルメリックボードに特徴的なテールバンプがデザインとして入れられています。タイトなセクションでも、また波がフラットなセクションでも、ボードが簡単にコントロールできます。

 

ボードは小波に強いと位置づけされています。ですが、小波から大き目の波まで幅広くテストしました。そして、子のボードは実際は小波から少し波が大きな時まで多くのコンデションで使えますし、オンショアからオフショアのコンデションに左右されず、どんな時も安定した力を発揮します。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト