XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

T-Low(ティーロー)

 

アルメリックサーフボード

 

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

サーフボード詳細ページ

 


【スタンダードハイパフォーマンスボードでローロッカーの乗りやすいタイプのボード】

 

Tanner GudaukasとCIファクトリーとの研究&開発によって誕生した、ノーズロッカーが弱め&レールすっきり目の乗りやすいハイパフォーマンスボードです。

 

ボードデザインの特徴は

・ロッカーは全体的に弱め

・コンケーブは薄めのシングルコンケーブ

・レールはすっきりテーパー気味(ですので厚み+1/16"を推奨)

 

T-Lowは、ロッカーカーブが強いボードのような癖が無く、全体のカーブを緩めにしているのが最大の特徴です。コンケーブも薄いシングルコンケーブ。足を乗せるスイートスポットが広く、どんな場所に足を乗せてもすぐにスピードをつけることが可能です。レールはすっきりテーパー気味なので、通常の厚みより1/16"は厚みを出してください。

 

ローロッカーのために走り出しが早く、そして走った後のスピードの乗りがとても良いです。一般サーファーが乗りやすいデザインですが、WCT選手も試合に使うことからわかるように、パフォーマンスを高めています。Dane、Tanner、Natなどのサーファーも、このボードを大会で使って素晴らしい戦績を残しています。

 

弱めの波でも走り、波が大きくなってもテールのコントロール性&ホールド性が高いために、一般サーファーがももから頭半まですべてのコンデションで使える"これ1本クイバー"です。究極の1本ショートボードを探している方へも推奨します。攻めすぎないハイパフォーマンスボードとして人気です。CT選手が使うボードですが、一般サーファーにも乗りやすいので、高い人気を誇ります。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

 

このサーフボードはカスタムオーダー対応です。

 

アルメリックサーフボード

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:テーパー〜ミディアム
ノーズシェイプ:ポイントノーズ
テール幅:標準
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:標準
ロッカーのスタイル:流れるようなロッカー
アウトライン:曲線のあるアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックサーフィン
フッターの適正:ナチュラルフットからややバックフット
適正サーファー:中級〜上級者まで

■適正の波■
サイズ:もも〜頭半

ボードのタイプ:ポイントノーズハイパフォーマンスボード
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:平均的な波〜パワー/掘れている波まで

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

 

 

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ。通常のハイパフォーマンスボードより2インチくらい短め。または身長と同じくらいの長さ。また長めにとって余裕を楽しむことも出来ます。

 

■標準サイズのスペック■

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

ボード素材

CIチャンネルアイランズサーフボード

 

テールチョイス

スカッシュ、ラウンド、ラウンドピン、スワロー

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト