ng

XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Bro Fish(ブロフィッシュ)

 

 

 

Roberts(ロバーツ_サーフボードのサーフボード解説

 

サーフボード詳細ページ

 


【画期的なフィンセットアップを持つ浮力有りのウルトラモダンフィッシュボード】

 

レトロデザインの革新的な進化版がこのBro Fishです。どんなフラットな波でもまったく気にせず走るグライド感とトルク感が自慢のデザインとなります。

 

見た目はレトロフィッシュを少し変えただけ?と思われる方もいらっしゃいましょう。ですが中身は見た目とは全くの別物です。ワイドスワローを持つフィッシュアウトライン・ビークノーズ・胸付近に増しているボリュームにより、超速いテイクオフ・勝手にスピードが出るようなスピード感・フレンドリーな安定感などを持ちます。そして、テールに入れたアウトラインカーブとモダンなボトム(シングル〜ダブル〜VEE)がスピードを保ちながら、タイトなターンを可能にします。

 

フィンのセットアップにもご注目ください。常に世界の最新の理論に触れているサーフボードシェイパー&デザイナー(Robertt Weiner)が開発した

 

”Twonzer(ツオンザー)”

 

このフィンセットアップは以下の動画でも解説がありますが、ツインフィンの速さ&動かしやすさとトライフィンに近づけたテールのホールド感(安定性)を併せている画期的なデザインです。

 

なぜTwonzerフィンセットアップか?その答えは、あくなき高性能への追及というシェイパーの高いモチベーションにありました。

 

ツインフィンは乗り手のスタイルや波のコンデションによっては、曲がりすぎたりテールが滑るような印象を受けることがあります。このツインの欠点をRobertの高いデザイン力を持って生まれたTwonzerフィンセットアップにて解消しているのが最大の特徴の一つでもあります。

 

小波やフラット気味の波でも驚くほどのスピード感を持って乗ることができて、なおかつ波が掘れていたり、パンチー(力が強い)になってもテールがスライドせずに安定してボードをコントロールすることが可能です。

 

フィンセットアップのTwonzerですが、こちらはStar Chipと共通のフィンです。フィン込みバリューパッケージとフィン無しのパッケージがございます。フィンの有無によってお客様のお好みでオーダーください。

 

詳細の価格表はこちら

 

更にはこの優れたデザインは、通常のツインフィン(例えばFuturesのK1やK2のテンプレートフィン)などを使っても楽しめるという点です。Twonzerフィンで優れたスピードとホールド感の融合を。もう少し典型的なツインフィンのフィーリングを味わいたい場合は、ツインフィンにて・・楽しみも倍々となるところも優れています。


【Towoner FinセットアップについてRobertの解説】

 

Behind the scene・・・

 

もともとこのBro Fishの前に、サーフィンをイージーに楽しみたい一般のお客さんのリクエストでツインフィンボードをシェイプしました。ツインフィンはそのアウトラインとフィンセットアップにより、通常のスラスターより圧倒的に速い(つまり横に進む力が強い)のが特徴です。ですが、テールがルースでそしてある場面ではコントロール性を失うこともあります。

 

Veuturaエリアは、ボンザーフィンセットアップを生み出さしたMalcom Campbell兄弟いて、シェイパーの世界でもボンザーフィンセットアップはなじみがとてもあります。ボンザーの良さは、驚くほどのドライブ感とホールド感を持ち合わせる点です。

 

自分(Robert本人)は常に先進的なデザイン要素を取り入れることを信条としていて、レトロの良さを生かしながらより高い性能を発揮するボードを生み出すことを考えています。そのためには???と試行錯誤を重ねて、ツインフィンの利点とボンザーの利点を融合させ、このフィンセットアップを考え出しました。

 

様々なRobertsのシェイプボードにこのセットアップを使い、プロライダーとともに自分でもフィンセットアップを試しながら熟成させました。フィンテンプレートもRoberts Surfboardsが、アメリカのFuturesフィン社と共同で開発している逸品です。

 

このフィンセットアップを使うことによって、Quad+Twinのミックスをしたフィーリングを可能としています。

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説

 

【Kellen Ellisonのライド】


・デザインの特徴

Picture

*ロッカー

抑え目にしたロッカー=テイクオフの速さとスピード性能の向上

 

Picture

*レール

ミディアムレールに少しダウンレール気味にレールを絞っている+ハードエッジ=繊細な動きとホールド感を増す

 

Picture

*ボトム

シングル〜ダブルコンケーブ×テールエンドに薄いVEE=コントロールとスピード感の融合

 

Picture

*フィン

スタンダードなフィンセットアップはRobert開発のTwonzer(ツオンザー)=スピードを保ちながら、ホールド感(つまり安定感)を増す。スピード感とルースな動きを楽しみたい方は、ツインフィンのみでも楽しめる。

 

Picture

*お勧めの波のサイズ

膝から頭サイズ+くらいまで

 

【標準サイズ】

*標準サイズはいつでもカスタマイズできます。
*推奨体重は少し余裕を持っている数値で、週に1〜2回サーフする平均的な体力を持つ方への参考値の推奨です。ジャストにする場合は一つ下のサイズ、もっと余裕を持つ場合は一つ上のサイズをお選びください。

*推奨サイズは参考です。現在ご自分がご使用のボードの数値・年齢・体力・好みなどによってお勧めは変化いたします。サイズについてのご不明点については、弊社のプロスタッフにご相談ください

 

BRO FISH
CL
上級者
中級者
初心者
5’0 x 19 1/2 x 2 1/4
25.25
145
50〜57kg
100
5’2 x 19 3/4 x 2 5/16
27.28
160
54〜61s
110
5’4 x 20 x 2 3/8
28.30
165
57〜65s
115
5’5 x 20 1/4 x 2 7/16
30.80
180
61〜68s
125
5’6 x 20 1/2 x 2 1/2
32.50
190
65〜72s
130
5’7 x 20 3/4 x 2 9/16
34.30
200
68〜75s
135
5’8 x 21 x 2 5/8
36.05
210
72〜79s
145
5’9 x 21 1/4 x 2 11/16
37.80
220
76〜83s
150
5’10 x 21 1/2 x 2 3/4
39.60
230
79〜86s
160
5’11 x 21 3/4 x 2 13/16
41.50
240
83〜90s
165
6’0 x 22 x 2 7/8
43.40
250
86〜93s
175
6’1 x 22 1/4 x 2 15/16
45.20
260
90〜97s
180
6’2 x 22 1/2 x 3
47.49
275
95〜102s
190

*CL:46〜50% for an intermediatete

 

【どのようにサイズをとるか?】

・ハイパフォーマンスボードとの使い分けであれば、CL値を2L以上はアップさせて長さは短めにすることを推奨。長さはだいたい6〜8インチ短くして、幅は1〜1/2”前後幅広、そして少し厚みを増してください。

・自分の身長より3〜5インチ短くして、CL値は2L以上アップさせるとパフォーマンスモダンフィッシュ系として使えます。(弊社スタッフは3LくらいはCLを増しても大丈夫と思います)

・自分の身長より長くしたサイズ&CL値をかなり増しにして、波取りを有利にしたクルーザーとして乗ることも可能です。

・もちろんご自分の好みのCLで選んでいただいても間違いありません。

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング


【シェイパーRobertによる解説】

 

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説カリフォルニアのトラディショナルフィッシュスタイルと、モダンパフォーマンスをダイナミックに組み合わせたデザインです。通常のレトロ系フィッシュのすべてを上回る優れたデザインとなります。

 

超早いテイクオフ性能やクルーズ性能・スピード特徴をキープしたまま、ボードにモダンなボトムとアウトラインカーブを入れました。そして、自分がデザインしたTwonzerフィンセットアップを入れ、乗っていてスーパーファンなデザインとなったのです。

 

 

 

 

素材は水を吸わない魔法の素材と言われるカリフォルニアメイドのXTR素材、または強く軽くしなやかなフィーリングを生み出すHD-EPS(RFT2やRFT Dual Density素材も含む)が弊社のRobertsシェイプのメイン素材です。これらはPU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材となります。またお好みで、ストリンガーを一切使わない世界でも類を見ない水を吸わない最高級グレードのVarialフォームでもシェイプが可能です。

 

シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。弊社がプロデゥースするカスタムエポキシボード(Made in California)正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

このサーフボードは現在カスタムオーダー対応です。

 

サーフボードカスタムオーダーフォームRoberts

 

ボード素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

*Robertsと弊社の共同開発オリジナル素材(高密度フォーム・RFT2・ベルリアルフォーム)の詳細はこちら

*XTR素材の詳細はこちら

 

テールチョイス

スワローテール

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

Roberts(ロバーツ_サーフボードのサーフボード解説

 

Roberts(ロバーツ_サーフボードのサーフボード解説

 

Roberts(ロバーツ_サーフボードのサーフボード解説

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト