XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Deam Machine (ドリームマシーン)

 

Robertsサーフボード:Deam Machine (ドリームマシーン)

 

 

Robertsサーフボード:Deam Machine (ドリームマシーン)

 

サーフボード詳細ページ

 


【これこそ未来系サーフボードデザインを形作るショートボードの小波系バージョン。ダブルエンダー最新シェイプ】

 

あのRobertが

 

"短く・幅広・フラットかつボリュームのあるデザイン"

 

の小波系・ソフトな波のために開発したモデルです。オリジナルの開発ボードは、大きな南&北うねりが入る時以外は通常波が小さくなるカリフォルニアエリアデザインされました。その後にアメリカの東海岸、中南米、そして日本と数多くのテストを重ねて、グローバルモデルとして進化したのがこの最終形シェイプです。

 

このボードは、とにかくサーフィンを楽しむためにシェイプされています。ボリュームがあり、フラット気味のロッカーなので、パドルがとても楽で、通常は乗れないような超小波でも乗れてしまうのが特徴です。

 

多くのファンがいる傑作ボードの

Dream Catcher

 

はももから頭半のチューブまで楽しめるアルターナティブボードです。ただし、ロング波や超小波ではDream Catcherでは乗れないことは無いものの、もっと別のデザインがあったらなあ・・とユーザーから多くのリクエストを受けたのです。そのDream Catcherのサイズダウンバージョン小波系ボードがこのDream Machineです。小波系と言っていますが、実は肩くらいの波でも乗れてしまうポテンシャルもあります。

 

先ほども書いたようにロングコンデションでもこのボードで乗れます。しかも同じような浮力を持つレトロなツインフィンより走り出しが早いのです。そして、ターンが全然軽いという、嘘のような本当なことが起こります。その傑出した性能を引き出すためには、理論に基づいた様々なデザインがボードの随所にちりばめられています。

 

ボードは今までショートボードの先が尖った系ボードオンリーだった方が、初めてラウンドノーズのボードに乗りたいという場合にもお勧めです。 最新のパフォーマンスボードオンリーだった方でも、乗った感じの違和感が無く、すぐに慣れるでしょう。Dream Mahineはレトロボードのような、コンケーブが効いていないフラットな乗り心地ではありません。アウトラインは丸いのですが、ボトムは最新のデザイン形状となります。コンケーブのスパイスが効いているボードで、踏み込みをするたびに加速していきます。

幅広で&コンケーブの効いたボードで、ターンもきっちりと出来るように、レールもぼってりはしてはいません。厚みの数値よりすっきりしています。丸くユーザーフレンドリーなノーズ幅が波をキャッチしやすく、パドルも楽になります。そして、ボードの柔らかなシェイプが、とても簡単にボードを扱えるようにしています。

 

それでいて十分なマニューバー性能があります。先が尖ったボードに疲れちゃっている方で、小波で楽しみたい方はきっと気 に入ってくれるでしょう。先ほども述べましたが、実はテールのラウンド形状が、それなりの波でもきっちりと乗れるようにできていますので、RNF系が好きな方はこれ1本で肩サイズくらいまでばっちりと使えます。

 

さらに海でこんなお悩みを抱えている方へもぴったりです。


・なんだか波に乗っているのは、ロングやファンボード、そしてかなり上手い上級者や体力に勝るサーファー、そしてローカルサーファーしかいないなあと感じてしまった方で、そんな状況を打破したいサーファー
・一日サーフしても満足した波数に乗れないと思っている方
・レトロ系ボードは重たいと感じている方

 

さあ、これだけ優れたボードのシークレットのデザインを見てみましょう。

 

モダンなショートボードデザインの匠であるRobertは、ボトムにはレトロなフラット+VEEをあわせずに、ボトムはモダンはシングル〜ダブル〜スパイラルVEEをあわせました。これにより、ボードが単調な乗り味ではなく、踏み込むほどに加速するというモダンな乗り味を実現しています。スパイラルVEEとは、VEEとボンザーボトムをあわせたようなボトムで、一級のシェイパーしかバランス良く入れられません。そのスパイラルVEEを、ロッカーとの関係を細かく計算してRobertは入れ込んでいます。

 

そのテール入るスパイラルVEE(バレルが入ったような深いVEE)は、スピードをコントロールする役割を果たします。テールに配置したラウンドテールとともに、ターンの質がまったく次元の違う高いレベルに引き上げられました。厚めの波であれば、肩サイズでもテールが十分ホールドするというテール性能も持ち合わせています。乗り手がハイスピードでターンをしても、テールがスライドせずに、きちっとホールドしながらパワーかつ切れのあるターンが可能となったのです。

 

レールはこの手のボードとしてはすっきり目(だけど、センターにはフォームを多く配置しているので浮力はたっぷり)で、コントロール性も良いです。ノーズにはRobert得意のノーズフリッ+タックトアンダーエッジレールを配置しているので、フラット気味なロッカーカーブを持つボードながら、少しぐらい掘れている波で、レイトドロップしてもノーズが刺さりません。

 

よくレトロ系ボードであるような、パドルするとノーズエリアが水をPushしていて、走り出しが悪いというフィーリングがありません。エントリーロッカーと、コンケーブの配置によって、パドルが軽快で走り出しがとても良いのが特徴となります。

 

フィンは、前のフィンは大き目、Quadリアーフィンは小さ目が推奨です。テールを安定させたい場合はNubstar Pivotフィンをつけると良いでしょう。

 

FCSフィンバージョンをお持ちの方へはVonsolのBlade5フィンセットで、センターフィンを抜かしたQuadセットアップが超一押しのフィンセットアップとなります。テイクオフから安定し、それでいてボトムでタメが効き、波のトップではボードが簡単に回転するというマジックセットアップとなってくれるでしょう。FCSUフィンボックスの方でも、FCSのInfilkitを別途購入いただければ、Vonsolフィンも装着可能です。

 

さあ、もう小波で動きの重いミッドレングスやロングボードに乗る必要はありません。テイクオフ早く、そして動きもショートボーダーが好きな"キュキュ”とした動きを引き出すことが可能です。このボードにはHydro FlexのHD EPSフォーム、RFTU、Varial×Epoxy グラッシング、そしてXTR素材がとても良く合います。Hydro Flex×HD EPSまたはXTR素材により、通常のボードの性能が更に引き立ち、従来型のPUオンリーボードとは全く別のスピード・耐久性・フレックス・軽さを引き出してくれます。このボードはアップグレード素材で乗ることを強くお勧めいたします。

 

通常のショートボードより、7〜8インチ短く。White Diamond系(1と2)にお乗りの方は、そのサイズよりも3インチ短く乗るのが推奨サイズです。または、浮力たっぷりを生かした超浮力系で乗るのも楽しいモデルとなります。超浮力系の場合は自分の体重の50%くらいのCL値でお選びいただくと良いでしょう。

 

選び方としてはCLで、

 

・ハイパフォーマンスボードの+3L前後でかなり動かせる小波楽しいフリーサーフパフォーマーに

・ハイパフォーマンスボードの+6L前後で小波で波バシバシ超浮力キラーへ

 

なんて選び方もあります。

 

弊社のお客様からのインプレでも

 

”この丸いシェイプでかなりの動きを実現する”

”ラウンドテールとスパイラルVEEがボードのテールエリアのコントロール性を上げていて、レールToレールの切り替えも早い”

”もうこの丸目のシェイプで胸くらいまではもう自分ではハイブリットシェイプハイパフォーマンスボードとして使える”

”他のボードよりも2段階くらい早いテイクオフを実現してくれる”

 

という素晴らしい評価をいただいています。

 

ボードは今まで数多くのシェイプを日本向けにもしてきたカフォルニアシェイパーのRobert Weinerなので、日本の波にもバッチリ。このサーフボードを手にした時、あなたはワールドスタンダードシェイパーのシェイプスキルを味わうことになります。

 

素材は3Dグラッシングで、軽くしなやかなフィーリングを生み出すHydro Flexが弊社のRobertsシェイプのメイン素材です。これらはPU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。Hydro FlexにはコアーとなるフォームはPU、高密度EPS、水を吸わないEFCと水を吸わない最高級グレードのVarialフォームがあります。

 

HydroFlexサーフボードの利点

 

水を吸わない魔法の素材と評判のXTR素材でもこのモデルはカスタムオーダー可能となります。素材はPUより圧倒的に強く、そして軽い素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。

 

 

シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。Hydro Flex正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

【シェイパーズブレイクダウン】

 

 

Robertsサーフボード:Deam Machine (ドリームマシーン)Dream Catcherを気に入っている方へお勧めする超小波〜小波用ボード。このDream Machineを超小波から小波で使い分けるとあなたのサーフィンライフが豊かになること間違い無いだろう。浮力たっぷりで強いパドルパワー。それでいて、ハイスピードターンを可能にするテールシェイプ・・・もうロングボードに乗らなくても、きびきびとした動きで小波で楽しめる。

 

 

 

 

 

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:フルラウンドノーズ
テール幅:広い
エントリーノーズロッカー:弱い
テールロッカー:弱い+テールキック
アウトライン:直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クルージング/クイックスタイル
フッターの適正:フロントフッターからバックフッターまで幅広く
適正サーファー:初心者(浮力を上げる)から上級者まで

■適正の波■
サイズ:ひざ〜肩
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいのパワー波まで

 

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ、または通常のショートボードより4〜6インチ短め。

 

■標準サイズのスペック■

Robertsサーフボード:Deam Machine (ドリームマシーン)

*推奨サイズは参考です。現在ご自分がご使用のボードの数値・年齢・体力・好みなどによってお勧めは変化いたします。サイズについてのご不明点については、弊社のプロスタッフにご相談ください。
*CL値については多少の前後が生じることがございます。

 

ボード素材

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

*Robertsと弊社の共同開発オリジナル素材(HD-EPS・RFT2・Varial)の詳細はこちら

*Hydro Flex素材の詳細はこちら

*XTR素材の詳細はこちら

 

テールチョイス

ラウンド

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*Hydro Flex素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト