XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

White Diamond 3(ホワイトダイヤモンド3)

Roberts(ロバート)サーフボード詳細解説ページ

 

Roberts(ロバート)サーフボード詳細解説ページ

 

サーフボード詳細ページ

 


【ついに出た!私たち社会人の強い味方。アベレージサーファーで楽目なボードを探している方へベストマッチのWhite Diamondシリーズ第三弾】

 

【どんな人にお勧め?】

WD1&WD2より更にアベレージ波と小波にフォーカスしたい方

WD1&WD2よりパドル&テイクオフ感で若干楽をしたい方

・35歳以上で体力が落ちてきたけど、幅広ながら自分にとって最高の膝から頭くらいまでの波に対応するショートボードが欲しい方

WDUPlusのような超浮力ではなく、浮力+系のボードをお探しの方

WD1&WD2の浮力+として出来るだけ動きの性能は落とさずに、パドルとテイクオフを楽にしたい方

 

Robertsサーフボードで絶大な人気を誇るWhite Diamondシリーズ。今までのサーフボードの概念を変えた短め・幅広・ボリュームありのアベレージウエーブのパフォーマンスボード。今でも数多くのシェイプ実績を持つ、まさに

 

”1家に1本”

 

的なサーフボードです。

 

そんなホワイトダイヤモンドシリーズの良さを継承して、私たち年齢を重ねた(でもサーフィンが大好きな)ショートボーダーが無理無く楽しめる浮力・そして乗り手がご満足いただける機動性を持ち合わす新しいジャンルのWhite Diamondシリーズとなります。

 

10代や20代とは異なり、社会的な地位の変化もあり、家族・友人・仕事など多くのことをマネージメントしながら、サーフィンを楽しむようになる30歳以上の年齢のサーファー。そんなサーファーでも、サーフィンが好きな気持ちは10〜20代には決して負けませんし、むしろサーフィンに関しては自分のその年代の頃より熱い思いで接しているのではないでしょうか?限られた時間で、最大のサーフィン体験をしたい、まだまだポイントノーズで(でも楽目に)動きのあるサーフィンを楽しみたい方に超お勧めのモデルです。

 

もともとアメリカでは、ホワイトダイヤモンドシリーズのWD1&WD2より小波に強いモデルとして開発されました。その後の数多くのテストを重ねて分かったことがあります。

 

”日本の波のサイズ・パワースケールはアメリカ(カリフォルニア)のサイズスケールよりも1段階くらい小さい”

 

のです。更に例を出せば、ハワイの波のスケールは波を後ろから見ての高さなので、日本よりもスケールが更に多くなります。ハワイでスモールウエーブは、日本でそれなりのサイズの波だったりするのです。ハワイと日本ほどの差は無いものの、これはカリフォルニアと日本の波のサイズ感でも起こります。つまり同じ波の表現であれば

 

ハワイ>アメリカ本土>日本

 

という順番になります。

 

アメリカのそんなところに着眼点を持った弊社のプロのスタッフは、そのWhite DiamondVのデザインのポテンシャルに注目。アメリカでは小波系グロベラーモデルという位置づけです。それを改良し、日本向けのロッカーライン・アウトライン・全体のボリューム・最後には素材のフレックスにこだわって、日本の体力が衰えてきたサーファーをターゲットに完璧に調整しました。そして誕生したのがこのWhite DiamondV Tuned For Japanです。

 

シェイパーのRobertはこのWhite Diamond3の開発にあたりこう言っています。

 

”White DiamondとWhite DiamondUのパフォーマンス性能を引き出しているデザイン要素(ロッカー・コンケーブ・アウトラインをすべての角度から分析した。そのパフォーマンス性能を最大限に生かして、できるだけフォームを入れた(つまり容積を入れた)ポイントノーズボードのパッケージに適用したのがこのWhite Diamond3だ。”

 

White Diamond3は、定評のあるWDシリーズのパフォーマンス性能を出来るだけキープして、パドルとテイクオフを向上させた新しいタイプのボードなのです。

 

ボードの特徴

WD1&WD2よりノーズ&テールともに幅広なアウトライン

・ボードのロッカーはマジックロッカーと定評の高いWD2と同じロッカーノーズロッカーは弱め・テールに従って水の抜けを良くするためにロッカーラインを上げる

・シングル~ダブル〜VEE

・ボードのフォイルは厚すぎず、薄すぎずの絶妙なバランス

・ダイヤモンドテール

 

ボードはWD1&WD2よりも明らかに幅広のアウトラインを持ちます。幅広ですが、レールはぼってりしているレールではありません。きちっとしたターンもスッと出来るように、ミデイアムレールを持ちます。ロッカーはシェイパーのRobertが

 

”小波からアベレージウエーブでどんな波・波質でも対応する”

 

というマジックロッカー。オンショアからオフショア、膝から頭サイズくらいまで信頼のおけるロッカーラインです。

コンケーブは、ロッカーと同調するようにデザインされたシングル~ダブル〜VEEです。テイクオフや走り出しの速さを引き出すノーズエリアからのシングルコンケーブが、ボードのスムーズなレールToレールを引き出すフィンエリアでダブルになり、テールエンドでは波のトップでの高い回転性を引き出すために軽めのVEEを入れています。

 

他のボードとの違いを、ノーズからテールに流れる水のスムーズで感じていただけることでしょう。

 

White Diamondシリーズでおなじみの1.5インチカットのダイヤモンドテールは、レールラインを短くしています。通常のこのような幅広なアウトラインボードの動きを躍動化させる効果があります。レールラインが短くなるので、実際の長さよりも短くボードが感じられ、これだけのボリュームのボードのターンを、よりクイックな動きにしてくれます。

 

基本は3フィンのボードですが、5フィンプラグにして3フィン・4フィン・はたまたNubstar Finなどをつけて5フィンでも楽しめる設定も可能です。様々な可能性を秘めているデザインなのです。

 

ボードは今まで数多くのシェイプを日本向けにもしてきたカフォルニアシェイパーのRobert Weinerです。日本の波にもバッチリです。このサーフボードを手にした時、あなたはワールドスタンダードシェイパーのシェイプスキルを味わうことになります。

 

さあ、このボードでベテランのあなたのサーフィンをリバイバルしてくれること間違いありません。最高の膝から頭サイズまでのアベレージサイズ用のオールラウンドで、パドルが楽目でそしてダウンザラインのスピードの乗りが良い。それでいてボトムで深いタメが出来て、トップでの回転性も十分あるという嘘のような本当のサーフィンが可能となるのです。

 

素材は3Dグラッシングで、軽くしなやかなフィーリングを生み出すHydro Flexが弊社のRobertsシェイプのメイン素材です。これらはPU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。Hydro FlexにはコアーとなるフォームはPU、高密度EPS、水を吸わないEFCと水を吸わない最高級グレードのVarialフォームがあります。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。Hydro Flex正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

あと1点弊社がサーフィンを楽しみたい方へのご参考にしていただきたいことがあります。

 

”サーフボードは乗り手のレベル・体力・波質・波のサイズに合わせて変える”

 

ということです。もちろん日本でもそういった考え方を取り入れている方も増えてきました。ですが、サーフィンの本場のカリフォルニアではサーフボードを何本か揃えて波によって変えるという習慣は日本のそれの比ではないくらい高いです。

 

弊社のスタッフはカリフォルニアに数多く出張して、現地のサーファーの使うギアーを調査します。彼らカリフォルニアンサーファーは、同レベルの日本のサーファーと比べると、同じような波で使っているサーフボードが異なることが多いのです。一般のカリフォルニアサーファーが波の質やサイズに合わせて無理なくボリュームを変化させているのに対して、日本サーファーは圧倒的に先が細いボリュームの少なめのパフォーマンスボードを使っています。

 

もちろん例外はあるでしょうし、変化もしつつありますが、この傾向は顕著に感じます。アメリカでもキッズや20代前半のサーファー、そして元プロなどの一般サーファーは結構ポイントノーズのハイパフォーマンスボードを使っていますが、一般のアベレージサーファーは違うのです。

 

つまり弱い波では幅広でロッカーが弱いボードを使い、波質が良ければデザインは波に合わせて変えるモデルを使い分けます。

 

皆様もサーフィンの本場もカリフォルニアンのように是非サーフボードを波によって変化させてみてください。今まで考えられなかったような新しいサーフィンライフが広がるはずです。足元から感じられる水の流れの良さと、100%カリフォルニアメイドサーフボードを持つ満足感・・・そして乗って調子もばっちりのサーフボードです。

 

HydroFlexサーフボードの利点

 

【シェイパーズブレイクダウン】

 

 

Roberts(ロバート)サーフボード詳細解説ページこのボードは、年齢を重ねてきた日本のアベレージサーファーにぴったりの浮力+系のオールラウンダーとなる。脇に抱えた瞬間”このボードは調子良い!”感じてくれること間違いの無い、ボリューム有りのショートボードだ。レールもそれほドぼってりとして無く、その厚みと比較してすっきりしているので、ターンをしようとする際の反応もバッチリとなる。それでいてパドルとテイクオフが楽になるボリュームをしっかりとボードの中に入れているのも特徴だ。

 

 

 

 

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアム
ノーズシェイプ:セミポイントノーズ
テール幅:広い
エントリーノーズロッカー:弱め+ノーズフリップ(パーリングを防ぐため)
テールロッカー:普通
アウトライン:直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クルージング/クイックサーフィン
フッターの適正:フロントフッターからバックフッターまで幅広く
適正サーファー:初心者(浮力を上げる)から上級者まで

■適正の波■
サイズ:ひざ〜頭
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいのパワー/それほど大きくない掘れている波まで

 

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ、または通常のショートボードより4〜6インチ短め。

 

■標準サイズのスペック■

Roberts(ロバート)サーフボード詳細解説ページ

*推奨サイズは参考です。現在ご自分がご使用のボードの数値・年齢・体力・好みなどによってお勧めは変化いたします。サイズについてのご不明点については、弊社のプロスタッフにご相談ください。
*CL値については多少の前後が生じることがございます。

 

ボード素材

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

テールチョイス

ダイヤモンド

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*Hydro Flex素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

                                                                   

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト