XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Diamond Tail(ダイヤモンドテール)

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

サーフボード詳細ページ

 

 

【超現代的フロー×スピード×ダイナミクスを精密に組み合わせた完成形ショートボード】

 

2016年の世界ワールドツアーシーズンで驚異的なパフォーマンスを見せたStu Kennedy。ワイルドカード(けがの選手の代わりにワールド32人の選手が足りなくなった際にスポットが与えられる地位)ながら好成績を収めて、次の年のワールドツアーのクオリファイを決めました。ワールドツアーにQualifyするには、想像を絶するほどの過酷な競争があります。そのツアーに入るにはその年のワールドツアーで22位以内に入るか、ワールドツアーの下のツアーのワールドクオリファイイングシリーズで、10位以内に通算成績で入ることが必要です。

 

その厳しい試合でのシェイプはこれまた世界のトップのしのぎを削る戦いです。なぜならば、世界ツアー選手のボードにいする要求もこれまた想像を超える高さで、ミリ単位の調整が求められます。そんな世界ツアーでの好成績を収めたStu kenedyの重要なクイバーをシェイプするDaniel "TOMO” Thomsonが、そのツアーで得られたデーターとDNAを存分に入れ込み、そして一般サーファーが乗りやすいシェイプにアジャストしている新しいタイプのボードがこの”Diamond Tail”です。

 

このボードは、TOMOのポイントノーズシェイプシリーズでも、よりオールラウンドに活躍するようにデザインされたもも〜頭半くらいのサイズ用のオールラウンドボードとなります。

 

あらゆる波(つまりビーチブレイクからリーフ&ポイントまで)に対応し、日本のビーチブレイクでのパフォーマンスにおいてもあなたのレベルあげてくれます。テイクオフが早く、波のあらゆる局面で正確なターンが出来るのに、ボードが安定性いているといTOMOワールドのみ叶えられるシェイプとなります。このボードの素晴らしいところはそれだけはありません。

 

そしてサーフィンをしていて一番重要な

 

”乗っていてスピード感が高くて、とにかく楽しい”

 

というピュア―なサーフィンの喜びも感じられるところが一番の優れたとなります。今まであなたが乗ってきたどんなポイントノーズよりも体感速度が高くなることを目指してシェイプされていて、まるでF45戦闘機のようなコンセプトとなります。

 

同じTOMOがデザインした、Slater DesignラインのSci-Phiモデルにもアウトラインが似ているモデルですが、そのSci-Phiと比較すると

 

”長さは1インチ長く、幅は若干広く、厚みは同じくらい”

 

のサイズ感をとるのがベストです。テールにダイヤモンドシェイプを配置していて、レールラインも短くなるので、長さを上げても切れの度合いはキープされます。それでいて、全体の長さは上がるのでボードの安定性やよりオールラウンドに活躍する能力も上がりました。もちろんXTR素材の最大の強みの、ハンド仕上げシェイプなので微調整ももちろん可能で、長さをキープしたまた浮力を上げるやり方などもお勧めです。

 

ボードのノーズエリアは通常のハイパフォーマンスボードより広さがあり、波をキャッチするのが早く&かつパドルも楽目です。テールエリアもSci-PhiU譲りの幅広さを持ち合わせていますが、低速時と高速時でもボードのスピードをキープして、それでいて切れがある鋭角なターンも出せるようにアジャストしています。今まで旧来型のポイントノーズボードを乗っておられるサーファーが、もっとテイクオフスピードを速め、スピードの乗りが良く、このトロール性も申し分も無いというボードを探しているのであれば、まさにこのボードしかありません。

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

*シェイプ前のカットブランク

 

レールは水をスムーズにとらえて、引っ掛かりの無いターン性能を生み出すようにすっきりしながらも丸目のシェイプ(いわゆるローボキシーレール)を持ちます。このレールシェイプはTOMOボードに特徴的で、ターンの切れがあるのにボードが水に食いついてくれて、パワーを最大に生かしたレールターンを可能にするのです。

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

最大の特徴であるボードと水の最初の接水ポイントから、テールまで入るチャンネル2+4。また、まさにTOMOボードの真骨頂ともいえるボトムデザインです。ボードのセンターからテールまで入る2Hullチャンネル+4チャンネルが、更なるスピードとコントロール性を生み出すことが可能となりました。このチャンネルは、プロダクションボードのSci-Phiより長く入っていて、水の流れをより良くしていて、スピード性能が増しているという利点も出しています。

 

 

ボードのセンターエリアからテールエリアまでのチャンネルについてさらに解説しましょう。これは、黄金比を使った2チャンネル(TOMOはHullチャンネルとも言っています)がデザインされています。

 

センターに入っているHullチャンネルは、ボードのスピードと繊細さ(ボードの反応&コントロール性)を上げる効果があります。水の抵抗を極限まで無くし、ボードが浮き上がる効用も出します。

 

このチャンネルが、まるでパウダースノーの上を滑っているような滑らかさと、レールに荷重した際の反応の良さを生み出す革新的なボードのコンケーブデザインとなるのです。

 

\Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

テールエリアには、その2チャンネルの中に、さらにはテールにはダブルウイングバットテールと同調するようにデザインされた2チャンネルが入ります。つまりQuad用のサイドフィン上からテールエンドにかけては、4チャンネルとなっているのです。テールに入る4チャンネルは、ボードのスピードを上げながらもテールのグリップ力を増しています。

 

これらの革新的なボトムデザインが、彼が10年以上もかけて考案したロッカーラインと結びつきます。すべてのデザインコンセプトが有機的に結合し、ほかのボードでは絶対成し遂げることが出来ない超未来的なボードを生み出したのです。

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

これに乗ったら、もう通常の尖ったパフォーマンスボードにはもう乗れないという方が続出のボードとなります。細いパフォーマンスのように、ボードをふんふんと不自然に踏み込む必要はなく、スピードを出すことに多大な努力することはありません。あなたのスタイルを美しく、そしてナチュラルなものにしてくれます。ピュアーなスピード感と、マジックカーペットに乗っているような乗り味を堪能ください。

 

サイズは最近流行りのショートボードと同じくらいの長さで良いでしょう。CL値に関しては、パフォーマンスボードと同じようなCL値か、0.5L前後くらい増しても良いです。

 

また、少し余裕を持ちたい方は、上の推奨のサイジングより1から2段階くらいサイズアップしても、そのボードの素晴らしさを体感(楽に乗れながらも、それでいて動かせるボード)出来るでしょう。

 

また、プロダクションボードと異なり、XTR素材はハンドメイドのカスタムボードでもあります。ですから、お客様の好みに合わせてのカスタムも可能です。世界でも数少ない、シェイパーのDaniel Thomsonとの直接のコミュニケーションが出来る弊社にアドバイスはお任せください。きっとあなたのドリームボードはここにあります。

 

XTR素材で無く、他素材でお乗りの方も、

 

"ハンド仕上げ+XTR素材のフレックスコントロール"

 

の力に驚くはずです。あるお客様は他素材から、TomoシェイプはすべてXTR素材へ移行してしまった方もいらっしゃるくらいです。XTRに乗ったことが無ければ、是非お勧めするボード&素材となります。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

XTRサーフボード

 

【ライダーのQuinten君のDiamond Tailでのライド映像】
*一部違ったモデルでも乗っています。

 

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

TOMOシリーズの革新的デザイン理論を入れたポイントノーズバージョン究極のオールラウンドショートボード。貴方の度肝を抜くスピードとコントロール性を持ち合わせるボードを体感して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

即納可能のストックボード・ストック予定ボードもございます。

 

サーフボード在庫リスト

 

サーフボードストック予定リスト

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ローミデイアム(すっきりとした丸目のレール)
ノーズシェイプ:ポイントノーズ
テール幅:標準
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:標準
アウトライン:直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックサーフィン
フッターの適正:フロントフッターからバックフッターまで幅広く
適正サーファー:中級者から上級者まで

■適正の波■
サイズ:もも〜頭半
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:やや弱め&中くらいのアベレージ波から、そこそこパワーのある掘れている波

 

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズ。または専門スタッフへご相談ください。

 

■お勧めの標準サイズのスペック■

 

・5'5"-18 1/4"-2 3/16" CL値(容積):22.51

・5'6"-18 1/2"-2 1/4" CL値(容積):23.8

・5'7"-18 3/4"-2 5/16" CL値(容積):25.21

・5'8"-19"-2 3/8" CL値(容積):26.51

・5'9"-19 1/4"-2 7/16" CL値(容積):27.98

・5'10"-19 1/2"-2 1/2" CL値(容積):29.48

・5'11"-19 3/4"-2 9/16" CL値(容積):30.93

・6'0"-20"-2 5/8" CL値(容積):32.62

・6'1"-20 1/4"-2 11/16" CL値(容積):34.28

・6'2"-20 1/2"-3/4" CL値(容積):35.95

・6'3"-20 3/4"-2 13/16" CL値(容積):37.25

・6'4"-21"-2 7/8" CL値(容積):39.0

・6'5"-21 1/4"-2 15/16" CL値(容積):41.65

・6'6"-21 1/2"-3" CL値(容積):43.30

 

*シェイパーがハンドで仕上げるために実際の CL値は微妙に異なる場合がございますが、ご容赦ください(大きくは変わりません)。


*弊社が販売するTomoサーフボードの各モデルのCL値&デザインの詳細は、弊社とDaniel Thomson、ボードのカットとラミネーションを担当するEpoxy Proとの共同開発・管理のXTR素材で弊社がプロデゥースする正規日本向けバージョンモデルの数値です。USやその他のところからのXTR素材のボードとは数値や素材&デザイン詳細が異なることがございますので、どうぞご注意ください。


*Tomoボードは標準スペックにとどまらないカスタムが出来るところが魅力です。特に40歳以上の中級者サーファーは、上のサイズより変化を付けたほうが適していることが多いです。

 

本人Danielと直接話せる弊社の専門スタッフがあなたのカスタムシェイプをサポートしますので、オーダーをご検討の方でご質問は以下のタブをクリックください。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

ボード素材

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

テールチョイス

ダイヤモンドテール

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ

 

Tomoサーフボードサーフボードカタログ