XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Hideoscillous/Hideojet(ヒディオソロス/ヒデオジェット

 

 

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

 

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 


【超小波から乗れる、ボリューム+系の究極の超小波〜中波パフォーマンスボード】

 

このボードはコンパクトなボードの中に、科学的なシェイプ理論がぎっしりと詰まっているモダン超小波〜小波パフォーマンスボードです。目指したのは究極のFishボードのスピードとショートボード系のレールターンが可能なボード。つまりショートボードの醍醐味の

 

”レールターン”

 

 

”超絶スピード”

 

を体感出来るボードなのです。

 

シェイパーのToddは常にパフォーマンスやターンが意識されたボードを念頭に置いています。彼は確かにレトロ系のFishはスピードが高くて、楽しめないようなコンデションでもサーフィンが快適に出来る点を高く評価しています。ですが、Retro Fishは横に行く力は強いのですがロッカーとコンケーブが横の動きを強く強調して、縦の動きを制限するラインを持つのでボードを縦に持って行ったり、カットバックしたり、レールターンをしたりするのが不得手です。

 

反対にモダンショートボードは、縦に行く力(つまりターンする能力)を高めていますが、それゆえに横に走るポテンシャルをやや犠牲にしています。

 

ですが、近年の革新的なロッカーラインとボトムのカーブを組み合わせることによりRetro fishのスピードとモダンショートボードのターン性能を両立するデザインが数少ないシェイパーより考案されました。その新しいロッカーとコンケーブラインの提唱者であるカリフォルニアはベンチュラのTodd Proctorのジェットストリームロッカー&コンケーブを搭載したのがこのモデルです。

 

このモデルはあなたに今まで味わったことの無い小波(実は頭でも乗れます)サーフィンセンセーションを味合わせてくれます。乗っていてもスムーズで速くて、全く水の抵抗を感じません。まるでパウダースノーの上を走っているような柔らかく、それでいてスピード感の溢れる乗り味が体感出来ます。

 

このスピード感と乗り味は、シェイパーのToddが新しく開発したモダンジェットコンケーブである、深いシングルコンケーブと、それに100%マッチさせるロッカーラインを配置していることから得られます。従来は深いコンケーブは波の面が荒れていたりすると機能しないと言われていましたが、このボードはそんな過去の理論を覆す優れたデザインともなります。

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

数々のR&Dを経て作られたこのロッカーラインとコンケーブは標準的なエントリーロッカー・抑え気味のテールロッカー、そしてノーズからテールにかけての深めのコンケーブを特徴とします。テールエリアにはまるでボンザーのような深いチャンネルのようなコンケーブを入れています。このロッカーとコンケーブラインが、サーフボードのボトムに流れる水流をボードのノーズからセンターで抵抗なく流して、テールのチャンネルのような2つのコンケーブでその水流を更に加速させるのです。

 

短く・幅広でボリュームがあるので一見”動かない横走のショートボード”と思われてしまうのですが、加速感い加えて縦への動きもオンレールでキレが優れています。スピードを出したい時には圧倒的に加速して、オンレールでターンをしたい時にはすぐにボードの方向を変えることが乗り手の意のままに出来るのです。

 

ボリュームがある小波用ボードですが、Fishボードのような横の動きに限定されるボードではなく、驚くべくスピード感とターンの性能を持つ小波パフォーマンスボードです。Fishボードの楽しさは、波取りがイージーなところと、スピードが出て楽しいところです。ですが、ターン性能やボードのリップ上での切れ味は犠牲になっています。

 

そして優れたところは実は小波だけでなく、頭くらいのサイズでも十分ホールドして乗れるという多様性を持つことです。優れたデザインなので、小波メインボードながら、いざという時には頭サイズでも十分使えるポテンシャルを持つデイリードライバーとしても使える1本となっているのです。

 

ボードのコンケーブは2タイプあってお客様の好みによって選べます。

 

@Hideoscilliousコンケーブ(オリジナル)

AHideJet(ジェットストリームコンケーブ)

 

@のコンケーブはテールエンドエリアに深めのボンザー系ダブルコンケーブを入れます。

 

 

 

こちらのコンケーブはよりフレンドリーに扱いやすさを重視します。

 

AのJet Streemコンケーブはより深いコンケーブをセンターからテールエンドに入れます。よりスピード重視のコンケーブでチャンネル系のコンケーブとも言えます。こちらはボトムのコンケーブを深くして、デッキはややドーム形状を強めます。

 

 

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

ボリューム(CL値)はどちらのコンケーブであっても同じようになります。

 

テール形状はワイドスカッシュ(より波が弱めのところをメイン・スピード感を重視する)かソフトスカッシュダイヤモンド(よりタイトな動きを重視する)でお選びいただけます。

 

@ソフトダイヤモンドテールバージョン

プロクター(Proctor)サーフボードの解説詳細

 

 

Aワイドスカッシュテールバージョン

 

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

View this post on Instagram

Stoked surfer reports: this just in >> “Hey Todd and Charissa, Took delivery of the Hideo just a few days before I left for Panama. Arrived in perfect condition as usual but was kind of tripping on it. Never seen a board quite like it. Anyway, waves were flat so didn’t get to give it a go. Went on my trip, had a great time. Stayed with my brother and sister in law on their boat in Bocas. Scored some good Careneros. Monsta HD is custom fit for that wave btw. Got home and still nothing for a Hiddy test. Finally this past weekend got a little bump from the tropics. Weak, waist to chest high. Todd! I was catching waves out past the longboarders. And you can still surf it like a conventional shortboard. Super impressed. Love it. Exactly what I was looking for. Devours Florida weakness. Haha. Hope you guys are doing well. I’ll be in touch soon for the next one.” ?Jody 57/5’10”/180lb/lifer 5’10” x 20 1/2” x 2 5/8” 35L #hideoscillous Hideojet #proxy epoxy Ridiculite 5’11” x 19 3/4” x 2 5/8” 32.5L customized #monstajet with #monstroscillous rocker & bottom #proxyepoxy teamlite #surferfeedback

A post shared by Proctor Surfboards (@proctor_surfboards) on

XTRサーフボードの利点

 

サーフボード詳細ページ

 

●シェイパーの解説●

 

●カリフォルニアの屈指のベテランサーファーRicky Schefierのライド●

このサーフボードはカスタムオーダー対応です。

 

サーフボードカスタムオーダーフォームRoberts

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:セミボキシー
ノーズシェイプ:セミポイントノーズ
テール幅:広い
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:弱め

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイック
フッターの適正:フロント〜ナチュラル〜バックフット
適正サーファー:初級中級〜上級者まで


■適正の波■
対応のサイズ:ひざ〜頭

ボードのタイプ:セミポイントノーズ
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいの波まで

 

■標準サイズのスペック■

Popular Dimensions Volume Rider Weight
5’2″ x 19 1/2″ x 2 1/8″ 24.5L Rider weight: 120-140 lb / 54-63 kg
5’4″ x 19 3/4″ x 2 5/16″ 26.5L Rider weight: 85-160 lb / 38-72 kg
5’5″ x 19 1/4″ x 2 3/16″ 25.7L Rider weight: 75-155 lb / 34-70 kg
5’5” x 19 3/4” x 2 5/16” 28.5L Rider weight: 85-180 lb / 38-81 kg
5’6″ x 19 7/8″ x 2 5/16″ 28.7L Rider weight: 85-180 lb / 38-81 kg
5’7″ x 20″ x 2 7/16″ Peter 31L Rider weight: 140-185 lb / 63-83 kg
5’8″ x 20″ x 2 1/2″ 31L Rider weight: 140-185 lb / 63-84 kg
5’8″ x 20 1/4″ x 2 1/2″ 32.9L Rider weight: 160-195 lb / 72-88 kg
5’9” x 20” x 2 7/16” 31.5L Rider weight: 140-185 lb / 63-83 kg
5’10” x 20 1/4″ x 2 1/2″ 33.4L Rider weight: 175-195 lb / 79-88 kg
5’10” x 20 1/4″ x 2 9/16″ 34L Rider weight: 175-205 lb / 79-93 kg
6’0″ x 20 3/4″ x 2 9/16″ 35.5L Rider weight: 175-220 lb / 79-100 kg
6’0″ x 20 1/2″ x 2 3/4″ 37.6L Rider weight: 175-220 lb / 79-100 kg
6’2″ x 20 1/2″ x 2 7/8″ 42.7L Rider weight: 200-250 lb / 90-113 kg
6’2” x 21 3/4” x 2 5/8” 39.2L Rider weight: 190-230 lb / 86-104 kg
6’2″ x 21 3/4″ x 3″ 46L Rider weight: 190-250 lb / 86-113 kg
6’4″ x 21″ x 2 3/4″ 40.5L Rider weight: 200-240 lb / 90-109 kg
6’4″ x 22″ x 2 3/4″ 45L Rider weight: 190-250 lb / 86-113 kg
6’4″ x 22 1/2″ x 3″ 49L Rider weight: 190-260 lb / 86-117 kg
6’6” x 23” x 3 1/4” 56L Rider weight: 200-260 lb / 90-117 kg
6’6″ x 24″ x 3 5/8″ 63.6L Rider weight: 200-295 lb / 90-133 kg

 

ボード素材

Pyzel(パイゼル)サーフボード解説ページ

 

テールチョイス

ワイドスカッシュ、ソフトダイヤモンド

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト