XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

Todd Proctor(トッド・プロクター)について

●サーフボードの各モデルについて詳しく見るにはこちらをクリック

 

【カリフォルニアベンチュラ発のAll Californian madeサーフブランド

 

 

Proctorサーフボードはカリフォルニアのサーフシティーの一つ、”ベンチュラ”にファクトリーを持つコアーブランドです。バラエティ―に富むブレイクをもつそのエリアです。そこではビーチからリーフ、ポイントブレイクまですべてのタイプの波があり、ボードビルドが盛んです(この近隣にはRobertsサーフボード、CIサーフボード、Campbell Brothersサーフボードなどの世界屈指のサーフボードビルダーたちがいます)。

 

シェイパーのToddはサンクレメンテのLOSTサーフボードでのバックヤードシェイパーを経て独立。以来カリフォルニアはもちろん、世界に向けて(World Wide)サーフボードを発信し続けています。

 

【シェイパーの若かりし時代

 

 

80年代に始めてサーフィンをしたシェイパーのToddは小さなキッズでした。母に海に連れられて一日中ビーチで過ごして、そして海でサーフィンをしていたサーフィンが大好きな1少年でした。

 

Toddは、北ロスアンゼルス、ベンチュラ、サンタバーバラなどの質の高いポイントブレイクで生まれ育ちました。高校になると、時間を見つけては世界中をサーフィンしました。オーストラリア、南アフリカ、ハワイ、そしてメキシコなどを旅して回りました。

 

 

【サーフィンへの情熱がシェイピングキャリアーへと繋がる】

 

サーフボードシェイピングキャリアーは、Toddのサーフィンへの情熱から自然と生まれてきたものです。その熱い思いから、1991年に自宅のバックヤードで自分なりにシェイプを始めてみました。最初シェイプした時から、思いのほか良いボードが削れたと言います。友人達に自分のシェイプを提供している内に、オックスナードのMcCrystal(マクリスタル)サーフボードがその評判を聞きつけて、バックヤードシェイパーの職をオファーしてくれました。

 

McCrystalサーフボードでフィニッシュシェイプをしている時も、自分のProctorサーフボードのレーベルで自分なりのボード理論も確立させていきます。

 

 

Toddはサーフボードデザイン&素材のことは、サーフィンをしていない時すべての時間で考えています。このボードのどんなデザインが、どんな機能をもたらすのか・・・?自分のサーフィン体験やライダーのフィードバックをあれこれと組み合わせて、常に最大の能力が発揮できるサーフボードとは?について考察するのです。

 

【LOSTサーフボードでの経験&自分のサーフボードブランドの確立】

 

1994年に、サンクレメンテのLOSTサーフボードにフルタイムのシェイパーとしての仕事をオファーされました。自分のシェイプルームが与えられるのに加え、自分のレーベルのシェイプも続けてオッケーかつ、世界中のトップライダー&世界トップレベルシェイパーのMatt Biolosと働く機会は彼のシェイプキャリアーの飛躍の一つとなります。

 

そこでのシェイプの経験はとても貴重で、様々なタイプの世界中を転戦するサーファーとのコミュニケーションが、以後の自分のサーフボードデザイン理論を確立する一つの指針となったと語ります。世界トップライダーと世界トップシェイパーに従事しながら、自分なりのデザインアイデアを次々に生み出していくのです。

 

 

そこでの経験は何よりも貴重なものでしたが、彼はその後

 

”一生安定した場所で働くか”

 

”新たなるベンチャーへと旅経つか=自分のレーベルで独立する”

 

という選択をすることになります。そして彼が選択したのはProctorサーフボードレーベルで独立することでした。2001年についに彼はベンチュラでファクトリーを構えます。それ以来20年の時を経た今でも高いスキルと技術で、アマチュアからプロまで、一人一人のサーファーのサーフ体験を充実させるという使命感を持ちながら今もなお素晴らしいボードを生み出し続けているのです。

 

 

 

*個人的なProctorとの出会い秘話・・・

 

私弊社代表の栗田は実はTodd Proctorとは10年以上前から知り合いです。彼はシェイプと素材に関しては100%の完璧主義者で、どんな妥協もしないシェイパーです。彼にシェイプしてもらったボードはどれも外しが無くて、どれも調子が良かったのを覚えています。

 

とにかく走り出しが速くて、そしてボードの耐久性や軽さのバランスが良く、長持ちするボードを作ります。世界中の波へも精通していて、もちろん日本の波への造詣も深いです。

 

Venturaエリアでは、本当にサーフィンが好きなサーファーにとってこのProctorとRobertsがパフォーマンスシェイプでは2大巨頭であり、 良き友人かつライバルでもあります。

 

 

彼の工場はVenturaのサーフボードビルダーが集まる中心エリアにあり、車で2〜3分もすれば世界屈指のビーチブレイクがあります。そして玉石のポイントブレイクや、あのQueens of the coastとの名称もあるRinconも近隣エリアにあり、良いボードビルドに適正ている環境が整っています。

 

彼のファクトリーはボードブランクのカット・シェイプ・グラスのすべてが行える場所であり、大企業の傘下や資本の投入されている共同経営ではなく、すべてToddが持つプライベート家族経営です。そのために大量生産はできませんが、質の高いボードをすべてのアテンションをつぎ込みながら作成できるのです。

 

 

ファクトリーは綺麗でオーガナイズされていて、そして高い品質のボードを作ることが出来きます。それと同時にボードを求めるサーファーとの接点も果たしていて、正にここでR&Dのすべてが完結できるようになっているのです。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト