XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Phantom(ファントム)

 

 

 

Pyzelサーフボードの詳細解説

 


【ベストシェイプと言われているGhostモデルをステップダウン!腰〜頭半の究極のデイリードライバ―マシーン】

 

Phantomモデルは、JJFが一番お気に入りでベストシェイプと名高いGhostモデルの系列の真ん中のステップダウンボードです。腰から頭半で様々なコンデションに使える日本で必須のパフォーマンスボードです。

 

このPhantomモデルの開発動機は、Ghostモデルを更に小さめ(Ghostモデルは肩以上にベストマッチなために、使う機会が限られる)の波にマッチするデイリードライバー(普段使いボード)を作りたい!というところから始まりました。

 

シェイパーのPyzelがGhostモデルを開発した後に聞く素晴らしいフィードバック。非常にユニークなアイデアを持ったボードデザインのGhostは多くのサーファーに愛されています。しかしながら、そのモデルの性質から肩〜の波でベストの性能を発揮します。

 

このPhantomモデルはGhostの素晴らしいフィーリング(パドルが楽でテイクオフがスムーズで、なおかつターンもタイトにできる)を普段使いの腰〜頭オーバーの波で味わえます。

 

【デザインの特徴(Ghostモデルとの比較)】

・ロッカーラインはGhostモデルを継承した=Ghostモデル由来の美しいロッカー

・センター部位のコンケーブはGhostモデルより深くして(フラットエリアを増やし)スピード感を増す。

Ghostモデルより全体のボリュームを増やした&ノーズとテールの幅を増した=パドル力&テイクオフ能力を上げ、フラットスポットや力の無い波のエリアでの走りを向上した。

・レールは少しボリュームを増し(ているが厚すぎない)ていて、ターンの性能を一切犠牲にすることなくボードのフローや安定感を増している


優れたデザインを持っていて、前足荷重で素早く加速(広いノーズエリア&直線的なアウトライン&胸エリアの余裕をもった隠し浮力)します。そしてボードをコントロールしたい場合にテール荷重にすると簡単にボードをコントロール出来て、スナップの効いたリップアクションも簡単に決まります(後ろ半分のボードのロッカーとすっきり目のボードの厚み)。

 

1つシェイパーが強調したいデザインの工夫は、Ghostよりもセンターエリアのコンケーブを深くしたことです。センターエリアのコンケーブを深くするのは、センター位置のロッカーをより弱めるためです。それにより、ボードのスピード感が増しています。レールラインのロッカーはそのままなので、ターンしたいときにレールを入れるとすっと綺麗にレールも入るようにデザインされています。

 

ボードのコンケーブはシングル〜フィンの間でダブルになり、テールエリアに微妙にVEEを入れているデザインです。フィンの間の薄いダンブルコンケーブとテールエンドのVEEにより、ボードのレールToレールが容易になっているのも特徴です。このボードは単に速いだけのボードではありません。速くて、コントローラブルで、ターンがスムーズでそしてなにより

 

乗っていて超楽しい!

 

と言ってくださるモデルです。

 

Pyzelは楽目だけどパフォーマンス性能が隠されているボードを

 

”ファンフォーマンス”

 

と名付けています。こちらPhantomモデルも、乗っていて楽しいけどパフォーマンス性能が入っているデザインです。スピーディーで扱いやすくそして機動性のあるパフォーマンス、どんな波でも安定した乗りやすさを発揮する・・・シェイパー自ら愛するモデルは、すべての初中級〜上級者におススメいたします。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

XTRサーフボードの利点

 

サーフボード詳細ページ

 

●シェイパーの解説●

 

●一般ライダーのライド映像●

 

このサーフボードはカスタムオーダー対応です。

 

サーフボードカスタムオーダーフォームRoberts

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

 

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:ミデイアムボキシー
ノーズシェイプ:ポイントノーズ
テール幅:やや広い
エントリーノーズロッカー:標準
テールロッカー:標準+キックテール

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クイックスタイル
フッターの適正:フロント〜ナチュラル〜バックフット
適正サーファー:初級中級〜上級者まで


■適正の波■
対応のサイズ:腰〜頭オーバー

ボードのタイプ:ポイントノーズ
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク
波のパワー:弱い/マッシーから〜中くらいのパワー/かなり掘れている波まで

 

■適正サイズ■

CL値参照。CL値が欲しいけど短めにキープしたいという場合は、長さを短くして、幅と厚みにてCL値アップせ調整をお勧めします。

 

■標準サイズのスペック■

Pyzelサーフボードの詳細解説

 

ボード素材

Pyzel(パイゼル)サーフボード解説ページ

 

テールチョイス

スカッシュ、ラウンド

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

*XTR素材のオプションやラミネーションについての詳細はこちらもご参考ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト