ng

XTR/HydroFlexサーフボードのショップ&ショールーム

XTR/HydroFlexサーフボードのオンラインショップオーサイドサーフ

ご質問・お問い合わせ

Why California産ボード?

Why正規輸入品?

Why海外発最新素材エポキシカスタムボード?

弊社取り扱いサーフボード

弊社のテクノロジー

弊社ショールーム

トピックス

サーフボード101

カリフォルニア 101

サーフィンテクニック101

その他

 

 

サーフボード詳細ページ

 

Disco Diamond(ディスコ・ダイヤモンド)

 

 

 

 

サーフボード詳細ページ

 


【ダイヤモンドシリーズのアルターナティーブデザインのオールラウンダーボード】

 

Robertsサーフボードで常に人気を博している”ダイヤモンドテールシリーズ”。Fishのようなグライド感&イージーさと、ダイヤモンドシリーズのようなパフォーマンス性能をブレンドしたバージョンがこのDisco Diamondです。驚くべきスピード感と、テールエンドでのコントロール性を高めた傑作パフォーマンスアルターナティブデザインです。

 

アウトライン&フォイルは幅広かつビークノーズ(イーグルノーズとも言います)を持つボリュームを持つデザインです。一見それを見ると”ん??レトロ系?と思ってしまいます。ですが、パフォーマンスボードシェイパーのRobert Weinerはロッカーカーブとボトムコンケーブをモダンかつ最新のものをデザインしています。

 

これにより、イージー&パフォーマンス&モダンという一般サーファーが最も好むであろう性能をボードに入れました。Disco Diamondは力の入りすぎない(前足フンフンスタイルではなく、見ていてかっこいいサーフィン)スタイリッシュなサーフィンを可能にするスピード&フロー、そして波に素早く乗るテイクオフ能力を持っています。それでいてリップアクションを可能にするモダンサーフィンパフォーマンスも可能です。

 

デザインを見てみましょう。スピード感を上げるフラット気味のロッカーに加え、前側に多くのボリュームを持ち合わせるビークノーズ(イーグルノーズ)。パドルスピードを上げ、テイクオフ能力を向上します。ボトムは深めのシングル〜ダブル〜VEEボトムを持ち、ボードを踏み込みをするたびに加速しながらも、その加速感&スピードをコントロールできるのです。テールエンドに配置したダイヤモンドテールは、レールラインを2インチほど短くして、よりタイトかつクイック&ピボットなターンが可能となっています。

 

そしてこれまたRobertの革新的なフィンセットアップのTownzerフィンセットアップ+センターフィンボックスを入れていて、ドライブ&トルク感+コントロール性を更に高めるのです。3フィンのセットでも乗れるので、トライフィンのフィーリングが好きな方でも楽しめるし、4フィンの性能を更に良くしたようなTownzerフィンセットアップもあなたのサーフィンライフを豊かにしてくれるはずです。

 

このフィンセットアップは常に世界の最新の理論に触れているサーフボードシェイパー&デザイナー(Robertt Weiner)が開発した

 

”Twonzer(ツオンザー)”

 

このフィンセットアップは以下の動画でも解説がありますが、ツインフィンの速さ&動かしやすさとトライフィンに近づけたテールのホールド感(安定性)を併せている画期的なデザインです。

 

なぜTwonzerフィンセットアップか?その答えは、あくなき高性能への追及というシェイパーの高いモチベーションにありました。

 

ツインフィンは乗り手のスタイルや波のコンデションによっては、曲がりすぎたりテールが滑るような印象を受けることがあります。このツインの欠点をRobertsの高いデザイン力を持って生まれたTwonzerフィンセットアップにて解消しているのが最大の特徴の一つでもあります。

 

小波やフラット気味の波でも驚くほどのスピード感を持って乗ることができて、なおかつ波が掘れていたり、パンチー(力が強い)になってもテールがスライドせずに安定してボードをコントロールすることが可能です。

 

 

 

 

 

 

View this post on Instagram

Our Disco Diamond model with Twonzer fins is very fast. Take a look at these clips from @bratsbeach and see how easily @kellenellison gathers speed on his 5’5” Disco Diamond! #robertssurf #robertssurfboards #robertscustoms #discodiamond #twonzer #twonzerfins #surfboards #madeintheusa #ventura #surfing #805

A post shared by ROBERTS SURFBOARDS (@roberts_surfboards) on


*Kellen EllisonのDisco DiamondとTwonzerフィンセットアップでのライド

 

【弊社スタッフの感想】

身長170p 体重63〜64s 中級レベル

 

 

このDisco diamondは、Robertが新しくデザインした、All newのダイヤモンドシリーズです。位置づけとしては

 

Pool Toy&Dream Machine

 

 

Diamond fish

 

の中間的なアウトラインとなります。このモデルはMutantやMush Machineと似たカテゴリーですが、かなり味付けが異なります。

 

ボードには特徴のあるイーグルノーズや、ダウンレールとまではいかないけれど厚みに対して落とされたレールシェイプ、そしてボトムに入る深めのダブルコンケーブなどがあります。

 

 

 

兄弟ボードはBro fishなんですが、これはBro fishとも違います。私栗田は全く同じサイズでBro fishとDisco diamondを持っていますが、どちらも速いことは変わりありません。ですが、乗った感じも違うし、ターンも違います。いわば兄弟ボードなのですが、かなり性格の違うボードと感じました。

 

Bro fishがよりグライド感を重視したボードなのに比較すると、こちらはよりターンの性能を高めているシェイプです。ターンがよりタイトに行えます(比較するとBro fishのほうが半径の大きなカービングが得意です)テールの形状だけでこれだけ違うのはVonsolのFlying MantaとFlying Seedに似ています。どちらもおなじデザインから来ていますが、乗った感覚かなり違います。

 

それと同じでBro fishとDisco Diamondも違っていて両方ともに楽しんでいます。

 

自分のクイバーの中では浮力があるほう(ベストボードは28L前後・デイリードライバーは29.5〜30.5くらい、こちらのDisco dianmondは32L)です。ですのでこのボードに最初に乗った時はそのパドル力とテイクオフ能力の高さはすぐにわかりました。28Lのパフォーマンスボードは言うまでもなく、30Lくらいのデイリードライバーはやはり波をある程度見てテイクオフしないと走りません。ですが、このDisco diamondは少しくらいテイクオフポジションをミスってもボードが波にくっついていって走り出します。

 

 

そして、走り出した後もパフォーマンスボードではボードを踏み込まないと走らない(当たり前ですが)のですが勝手にボードが走ります。だから乗り手がやや走る場所をミスってもボードが波につかまりません。

 

ターンですが、これは当たり前ですがパフォーマンスボードのほうが上です。ですが、このCL値のボードとしてはとても軽いタッチでテールが動きます。リッピングもやろうと思えばもちろん可能ですし、カットバックも32Lの私のボードレンジの中では驚くほどスムーズに決まります。

 

インサイドでの当て込みももちろんできて、やはりRobertさんがシェイプするボードは少し浮力があるボードであっても私達が楽しめるパフォーマンスの要素を入れてくると感じました。

 

 

 

 

あとこちらは小波でもちろん威力を発揮するのですが、それなりに掘れた波でも使えるところが嬉しいです。カリフォ

ルニアのチューブ波でも全然余裕でした。浮力があるタイプのボードに慣れていれば、頭サイズでも間違いなく使えます。この理由をRobertさんになぜ?と聞いたらボードのフィンボックフ付近からテールにかけて入る深めのダブルコンケーブがボードのホールド力を高めるということです。

 

そしてハイタイドのポヨポヨ波も得意で、普通のショートではうねりにひっかかってくれないところを、波に引っ付いてそれで走り出してくれます。途中のとろいセクションも難なく高速で走り、そしてインサイドまでまっしぐら。それもスピードが落ちないから乗っていてとても楽しいのです。

 

 

 

そして何より見た目がかっこよくて、持っているだけでも満足感があるのが自分としては一番良いところと思っています。

今までパフォーマンスボードを使っていた方のセカンドボードとして、または2ラウンド目のボードとしても使えます。パフォーマンスボードだと良い波乗れるととても楽しいのですが、やはり努力が必要です。混雑時にこちらのDisco diamondをセットの波ではないミドルとかインサイドの波を狙って乗っても良いですし、2ラウンド目の体力が削がれた場合に楽して結構パフォーマンスも出来るぞ〜という感じに使っても良いです。

 

お勧めのCL値の浮力感の選び方としては、


パフォーマンスボードから出来るだけパフォーマンスは落としたくない=+1〜2L
栗田みたいに動きは少しだけ捨てて楽しみたい=+2.5〜3.5L
かなり浮力アップで楽しもうよ=+5L
これはクルーザーだよ=+8L


で良いでしょう。

 

是非この素晴らしい浮力有り目・超高速スピードボードをお好みの素材で楽しんでいただけると、

 

”Robertって良いボード作るね“

 

と足下から感じていただけると思います。

 

フィンセットアップのTwonzerか通常の5フィンセットアップです。もちろん通常のフィンセットアップでも機能は抜群にしますが、ここではTwonzerフィンについて解説してみましょう。

 

Twonzesrフィンセットアップは、Bro FishやStar Chipと共通のフィンを使います。フィン込みバリューパッケージとフィン無しのパッケージがございます。フィンの有無によってお客様のお好みでオーダーください。

 

詳細の価格表はこちら

 

更にはこの優れたデザインは、通常のツインフィン(例えばFuturesのRasta Twin・K1やK2のテンプレートフィン)などを使っても楽しめるという点です。

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説

*こちらはドライブ&スピード重視のRasta KeelフィンをセットアップしたBro Fish。

 

Twin Finに変えてみると、明らかに上がる軽いタッチのテールとスピード感が楽しめるのです。テールは少しルースになりますが、スピードとフロー感はTwinが勝っているので、用途に合わせてどうぞ。Twonzerフィンで優れたスピードとホールド感の融合を。もう少し典型的なツインフィンのフィーリングを味わいたい場合は、ツインフィンにて・・楽しみも倍々となるところも優れています。


【Towoner FinセットアップについてRobertの解説】

 

Behind the scene・・・

 

もともとこのBro Fishの前に、サーフィンをイージーに楽しみたい一般のお客さんのリクエストでツインフィンボードをシェイプしました。ツインフィンはそのアウトラインとフィンセットアップにより、通常のスラスターより圧倒的に速い(つまり横に進む力が強い)のが特徴です。ですが、テールがルースでそしてある場面ではコントロール性を失うこともあります。

 

Veuturaエリアは、ボンザーフィンセットアップを生み出さしたMalcom Campbell兄弟いて、シェイパーの世界でもボンザーフィンセットアップはなじみがとてもあります。ボンザーの良さは、驚くほどのドライブ感とホールド感を持ち合わせる点です。

 

自分(Robert本人)は常に先進的なデザイン要素を取り入れることを信条としていて、レトロの良さを生かしながらより高い性能を発揮するボードを生み出すことを考えています。そのためには???と試行錯誤を重ねて、ツインフィンの利点とボンザーの利点を融合させ、このフィンセットアップを考え出しました。

 

様々なRobertsのシェイプボードにこのセットアップを使い、プロライダーとともに自分でもフィンセットアップを試しながら熟成させました。フィンテンプレートもRoberts Surfboardsが、アメリカのFuturesフィン社と共同で開発している逸品です。

 

このフィンセットアップを使うことによって、Quad+Twinのミックスをしたフィーリングを可能としています。

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説

 

【そしてトライフィンとの相性はどうなんでしょう??】

 

こちらのDisoco Diamondの驚きの性能&魅力はTwonzerフィンだけはありません。5フィンボックスを配置しているボードとしては、稀に見ない

 

・3フィンでも4フィンでも高い性能とそれぞれの個性をもって楽しめる

 

ボードデザインとなります。

 

 

3フィンのボックス配置はWhite Diamondなどと同じトライフィン用のフィン位置となっています。そして、3フィンで乗ってもスピードが出るボードが好きな(概してクワッドやツインフィンが好きな方)サーファーが高い性能で楽しめるのです。

 

この

 

・スピードが出るボードが好きなサーファーが高い性能で楽しめる

 

というところが重要です。

 

Robertsサーフボードのシェイパー&デザイナーのRobertさんは、彼自身は4フィンがとても好きです。それはパフォーマンスボードであっても同じなのです。

 

そして彼は、一般サーファーはQuadフィンのほうがボードは簡単にスピード出せて、そしてターンもやりやすい傾向にあると分析しています。また、年齢を重ねたサーファーも同様だと言います(Robertさん自身も含めて)。ですが、そんな一般サーファーや年齢を重ねたサーファーであってもこのDisco Diamondのトライフィンは別格(に優れている)だと言います。

 

それはどんな特徴か? それは4フィンを持つTwonzerフィンセットとは全く別のターン性能・性格を持ちながら、持ち前のボードのスピード感を保てるというパフォーマンスを持つらしいのです。

 

弊社のスタッフも、基本4フィン(Disoco DiamondではTowonzerフィンセットアップも含む)やツインを好んで使います。もちろん波によってはトライを使うこともあるのですが、状況が限られます。波がそこそこ良い、オープンフェイスを持つハイパフォーマンスな波以外はトライは使いません。そんな波は日本では多く無いから必然的に4フィンが多くなります。

 

ではなぜトライは良い波でしかいまいちと感じているか?その理由としては

 

・トライフィンはテイクオフも含めてクワッドにスピードで劣る

 

という点です。すべてのサーフボードの楽しみ方はスピードにあると思っている(そして多くのサーファーもそう感じています)スタッフは、トライのスピ―ド感が不満なのです。

 

確かにトライフィンは4フィンよりテールのコントロールがしやすいし、ボードを縦にも持っていきやすいです。後ろ側のフィンをターンの際に引っ掛けることが出来るからだと思います。

 

ですが、後ろ側のフィンがある故にどうしてもスピード性能が犠牲になる。ボードの真ん中にあるセンターフィンがボードが走る際に少し抵抗になって、ボードスピードが落ちるのです。QuadやTwinに乗り慣れた方は、テイクオフもそういったフィンと比較すると、3フィンは若干なりとも遅く感じます。

 

テイクオフ後のスピードをつけるためのダウンザライン中の体重移動も少し反応が落ちる&少しだけ難しくなります。だから、テイクオフの遅れ・乗った後のスピードをつける前の作業・スピードに乗せされた際のマックススピードなどを含めて速い波を抜けらないことが多くなってストレスがたまります。だから、波のボトム&トップでのテールのルース感やコントロール不足(テールがスライドするなど)のネガな部分を少し我慢して4フィン(またはツイン)に乗ってしまうのです。

 

ですので結局

 

”やっぱり5フィンボックスあっても4フィンしか使わない・・・“

 

というケースがほとんどになります。

 

ですがこの感動のDisco Diamondは違います。トライフィンの良さ(つまりボトムやトップでのコントロールのしやすさ)を100%味わったまま、トライフィンのネガティブ要素は最小限になるのです。

 

えーーー本当に?と思うかもしれませんが、本当です。これはあのRoberts Surfboardsの超名作のWhite Diamondを最初に乗った時の感動と似ています(もともとWhite Diamondは3フィンで発売されました)。このDisco Diamondのトライは” スピードOrコントロール “の2つの選択肢から1つを選ぶのではなく、

 

”スピード&コントロール“

 

両立なんです。

 

とにかくテイクオフ&その後のスピードは同じような浮力のアルターナティブ系のFishボード並みに速いけど、乗った後はトライフィンのフィーリングが味わえるのです。

 

そして通常のトライフィンでは失速してしまって、波をつなげそうもないな。。。という無理目な波でも超高速で走り抜けて、ターンをしようとすればイージーにターンが出来る。その浮力感に見合わないターンの軽さもあるけど、スピード性能はトライフィン世界最高レベルなんじゃないか?とも思わせてくれます。

 

皆様にも是非このボードをトライでも乗っていただくことをお勧めします。きっと新しい感度が味わえて、そしてこのモデルがもっと好きになるに違いありません。

 

私のお勧めフィンは75sくらいまでのサーファーならば

 

・動きやスタンダードな感じでRobertsフィンM (かまたは通常のMサイズフィンで代替えも可能)

・ドライブ感重視でFuturesのT1のTwin+スタビやTrue AmesのS Double twin+スタビ

 

体格が良いサーファーは

 

・動きやスタンダードな感じでRobertsフィンL (かまたは通常のLサイズフィンで代替えも可能)

・ドライブ感重視でFuturesのT1のTwin+スタビやTrue AmesのS Double twin+スタビ

 

です。ツインスタビというセットアップでも驚くほどの性能を発揮するこのボード。楽しみも3倍ですね。

 

皆様も是非Triフィンでもこのボード乗ってみてください。きっと新しい発見があるはずです。


・デザインの特徴

Picture

*ロッカー

抑え目にしたロッカー=テイクオフ&パドルの速さとスピード性能の向上

 

Picture

*レール

ミディアムレールに少しダウンレール気味にレールを絞っている+ハードエッジ=繊細な動きとホールド感を増す

 

Picture

*ボトム

シングル〜ダブルコンケーブ×テールエンドに深めのVEE=コントロールとスピード感の融合

 

Picture

*フィン

スタンダードなフィンセットアップはRobert開発のTwonzer(ツオンザー)=スピードを保ちながら、ホールド感(つまり安定感)を増す。スピード感とルースな動きを楽しみたい方は、ツインフィンのみでも楽しめる。

 

Picture

*お勧めの波のサイズ

膝から頭サイズ+くらいまででビーチからリーフまですべての波のタイプに対応

 

【標準サイズ】

*標準サイズはいつでもカスタマイズできます。
*推奨体重は少し余裕を持っている数値で、週に1〜2回サーフする平均的な体力を持つ方への参考値の推奨です。以下の推奨で乗ると、かなり動きも出るパフォーマンスFishのイメージです。楽をしながら、それなりに動きを出すようなもっと余裕を持つ場合は一つ浮力を増やしたのサイズをお選びいただいても良いと思います。

*推奨サイズは参考です。現在ご自分がご使用のボードの数値・年齢・体力・好みなどによってお勧めは変化いたします。サイズについてのご不明点については、弊社のプロスタッフにご相談ください

 

Disco Diamond
CL
上級者
中級者
初心者
5’0 x 19 1/2 x 2 1/4
24.70
145
50〜57kg
100
5’2 x 19 3/4 x 2 5/16
26.34
160
54〜61s
110
5’4 x 20 x 2 3/8
28.69
165
57〜65s
115
5’5 x 20 1/4 x 2 7/16
30.30
180
61〜68s
125
5’6 x 20 1/2 x 2 1/2
32.00
190
65〜72s
130
5’7 x 20 3/4 x 2 9/16
33.69
200
68〜75s
135
5’8 x 21 x 2 5/8
35.4
210
72〜79s
145
5’9 x 21 1/4 x 2 11/16
37.14
220
76〜83s
150
5’10 x 21 1/2 x 2 3/4
39.05
230
79〜86s
160
5’11 x 21 3/4 x 2 13/16
40.89
240
83〜90s
165
6’0 x 22 x 2 7/8
42.57
250
86〜93s
175
6’1 x 22 1/4 x 2 15/16
44.90
260
90〜97s
180
6’2 x 22 1/2 x 3
46.68
275
95〜102s
190

*CL:46〜50% for an intermediatete

 

【どのようにサイズをとるか?】

・ハイパフォーマンスボードとの使い分けであれば、CL値を1.5L以上はアップさせて長さは短めにすることを推奨。長さはだいたい6〜8インチ短くして、幅は1〜1/2”前後幅広、そして少し厚みを増してください。

・自分の身長より3〜5インチ短くして、CL値は3Lアップさせるとパフォーマンスモダンリップもできるアルターナティブ系として使えます。(弊社スタッフは2.5LくらいはCLを増しでもお勧めしています)
・Bro Fishをもう少しパフォーマンス度合いを上げて乗りたい場合は似たようなサイズで。

・自分の身長より長くしたサイズ&CL値をかなり増しにして、波取りを有利にしたクルーザーとして乗ることも可能です。

・もちろんご自分の好みのCLで選んでいただいても間違いありません。

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング


【シェイパーRobertによる解説】

 

 

 

Roberts(ロバーツ)サーフボードー詳細解説
カリフォルニアのトラディショナルフィッシュスタイルと、モダンパフォーマンスをダイナミックに組み合わせたデザインです。通常のレトロ系フィッシュのすべてを上回る優れたデザインとなります。

 

Bro fishとWhite Diamondのボードの要素をミックスしていて、ルックスのかっこよさから乗るとわかるスタイリッシュサーフボードです。見た目から乗り味、そしてあなたのライドも洗練させるNewエイジのアルターナティブボードです。 見た目の長さより、ダイヤモンドテールによりレールラインが短くなっているので実際よりもクイックにターンが可能です。

強調されたダブルコンケーブと幅広のテールの組み合わせがスピードとホールド(安定感)を極限までにミックスしていて、Bro Fishの速さに、Diamondシリーズの反応の良さが味わえます。

 

超早いテイクオフ性能やクルーズ性能・スピード特徴をキープしたまま、ボードにモダンなボトムとアウトラインカーブを入れました。とても速くて、ターンもタイトに行えるアルターナティブボードです。そして、自分がデザインしたTwonzerフィンセットアップを入れ、乗っていてスーパーファンなデザインとなったのです。

 

 

素材は水を吸わない魔法の素材と言われるカリフォルニアメイドのXTR素材、または強く軽くしなやかなフィーリングを生み出すHD-EPS(RFT2やRFT Dual Density素材も含む)が弊社のRobertsシェイプのメイン素材です。これらはPU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3〜5倍の長持ち強度を持つハイテク素材となります。またお好みで、ストリンガーを一切使わない世界でも類を見ない水を吸わない最高級グレードのVarialフォームでもシェイプが可能です。

 

シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシング本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。弊社がプロデゥースするカスタムエポキシボード(Made in California)正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

このサーフボードは現在カスタムオーダー対応です。

 

サーフボードカスタムオーダーフォームRoberts

 

ボード素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

サーフボードの最新素材

 

*Robertsと弊社の共同開発オリジナル素材(高密度フォーム・RFT2・ベルリアルフォーム)の詳細はこちら

*XTR素材の詳細はこちら

 

テールチョイス

ダイヤモンドテール

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

XTR/HydroFlexサーフボードのウエブサイト