AKAサーフボード XTRサーフボードテクノロジー

革新的なサーフボード技術になりうるだろう
-
U.S. "Surfing Magazine"より





XTRサーフボードメルマガ



>>携帯にURLを送る
XTRサーフボード Twitter


  AKAサーフボード - シェイパーのジェイノバック
  

私とAKAサーフボードとの出会い

カリフォルニアスタイルの軽く、速いボードこそが、AKAサーフボードの真髄

私は、カリフォルニアの中でもどちらかというと皆が良くイメージするマリブ、サンタモニカエリアのロスアンゼルス、HB(ハンティントン)やニューポートのオレンジカウンティー中心部、そしてトラッソルズやTストリートに代表されるようなサンクレメンテ地区では無く、違った場所に慣れ親しんで、そして住んできた。それは、北のサンタクルーズやベンチュラカウンティーエリアだったり、サンディエゴカウンティーのような南エリアだった。

カリフォルニアは、そのエリアごとにかなり雰囲気の違いが感じられて、もちろん皆がイメージするメジャーな地区も良いのだが、どうもミーハー過ぎる感があったので、自分の慣れた場所の雰囲気が好きだった。サーファーやサーフボードもまたしかり、その土地の雰囲気にあったものになる。

一番最初にAKAサーフボードを見たのは、あるうまいサーファーがローカルしかあまり当てられないようなシークレットエリア。そこで、キレのあるうまいサーフィンをしていた奴が乗っていた板がAKAサーフボードだった。熊のマークと、AKAのロゴが印象に今でも強く残っている。そこで興味があったので、近くのサーフショップに行ったらAKAサーフボードが。店員にそのボードのことについて聞いてみると、すごく良いシェイパーがシェイプ&デザインしているという。また、AKAサーフボードもサンディエゴはあのスワミーズやカーディフで有名なエンシニータスというエリアから始まっているとのことだった。

ボードの印象はというと、もちろんとて良かった。エンシニータスエリアに行ったことがある人はわかるが、そのサーフカルチャーが洗練されていることもあって、クールなカリフォルニアスタイルの雰囲気があるボードメーカーというイメージを一番最初に受けた。

AKAサーフボードAKAサーフボード

実際にAKAサーフボードを触ってみると、特徴のあるソフトレールと均整の取れた美しいアウトライン。一発でこれは良いサーフボードと分かる。良いサーフボードは、だいたい脇に抱えてみるとしっくりきて分るのだ。日本のサーファーは、これまで意外とペラペラのレールの板に乗っている人が多いのだが、こちらのカリフォルニアのサーファーはそうでもない。

しかも、ペラペラの板に乗っていなくても縦へのリップやエアーなども入れてくるので、世界のトレンドはすでにペラペラボードで無いような気がしていた。そういった、細いレールを持った板でないこともAKAサーフボードのポイントが高い所だった。

ただ、乗ってみて動きがそのレールによって犠牲にされていたら意味が無い。だから、ボードを買ってすぐにテストしてみた。最初のボードはFlyBy−Proモデル。プロも使っているパフォーマンスボードとしては、優しく乗れるボードだというのだ。パドルアウトして、最初の波にテイクオフしてみると、すごくスムーズな走り出し。そして、自分としてはボリュームがある板だったけど、ボードの動きが機敏。まさに驚きの連続だったのだ。

見た目のボリュームとその動きが全然違う・・・

そうこうしていて、AKAの創始者であるJustin(ジャスティン)と、シェイパーであるJay Novak(ジェイ・ノバック)に会い、彼らの優れたサーフボードビルディング・シェイプ・デザインに対する熱い思い、そして相反する乗りやすさとパフォーマンスを両方高めるという、高い目標を意識し続ける姿勢に感動を受けたことを今でも忘れられない。

AKAサーフボードAKAサーフボード

シェイパーのJay Novak(ジェイ・ノバック)は、実は世界のトッププロにも未だなおかつボードを供給しそしてフィードバックを受け続けるシェイパー。それゆえに、シェイプへ対する要求度は非常に高く、今回XTRサーフボードへのシェイプをアジャストするまで、なんと6ヶ月も事前にJavier(ハビアー)の居るエポキシプロと重ねていたのだから驚きだ。そして出来上がったAKAサーフボードのXTRシェイプを見るとまさに感動もの。軽さ、仕上げ、そしてクオリティーはXTRボードの中でもトップクラスと言っても過言ではない

その乗り味といったら、仕上げ同様に驚きの連続だった。それからというものPulse XTRサーフボードと同じで、AKAサーフボードにも虜に。今は大量生産メーカーよりも、こういったシェイパーたちのほうがより個別に細かく対応したボード作りが出来ると確信している。Jayはシェイプのうまさと、丁寧さ、日本人にも通ずる繊細さがあるシェイパーで、ユーザーのことをまず第一に考えてくれる。日本の皆さんにも、是非試してもらいたいおしゃれなグットボードブランドで、XTRでもお勧めブランドの一つだ。

洗練されたサーフカルチャーの中心、サンディエゴで培った優れたシェイプ&デザイン


AKAサーフボードカリフォルニアの中でも、フィッシュ・ロング・そしてショートボードと様々ボードデザインを生み出してきて、世界のサーフシーンを牽引しているカリフォルニアは、サンディエゴエリア。ビーチブレイクからポイントブレイク、そしてビックウエーブまですべての波が揃っているカリフォルニアでも屈指のサーフエリアだ。

そのエリアが生み出すサーフボードデザインは、おしゃれかつ洗練を極る。AKAサーフボードのシェイパーであるJay Novak(ジェイ・ノバック)は、南サンディエゴの一流シェイパーらの元でシェイプ経験を積み、その優れた技術により世界レベルプロ、つまりWCTツアーサーファーへもボードを供給してきた。

AKAサーフボードJay自身の長年のサーフィン暦はすでに36年若いころも今もサーフィンに対する情熱は変わらない。その情熱こそがAKAサーフボードの心臓となっていて、スタイリッシュなカリフォルニアサーファーの心を掴んで離さない。XTR For Japanは、その優れたデザインを、日本の波質・サーファーのスタイル・レベルなどに細かく合わせてオーダーができるようなシステムを作り出した。AKA For Japanと、我々が共同して日本のあなたに素晴らしいボードをマスターシェイパーのJayが一つ一つ作り上げていく。

ボードのノーズからテールの仕上げまで、まさにカリフォルニア100%が味わえるAKAサーフボード。持っているだけであの雰囲気を感じ、そして乗るたびに足に吸い付くようなフィーリングを与えてくれるデザイン&シェイプをJayは作り出す。

AKAサーフボード・・・Product of California

 

XTRファクトリーとの卓越したリレーションを生かした、ハイクオリテーボードのAKA XTR


XTRサーフボードは、ファクトリーやシェイパー間のリレーションが希薄なままグラッシングだけを依頼するところもある。これに反してハイスペック・ハイクオリティーのボードを提供するために、AKAサーフボードはXTRファクトリーと綿密なリレーションを築き上げた

プレシェイプをXTRサーフボードファクトリーにあるXTRに最適に調整された最新マシーンを使い、プレシェイプ精度をアップ。加えて、シェイパーのJayも頻繁にXTRのJavierのエポキシプロを訪れて、常に最高のXTRボードを作るべく日々切磋琢磨している。

AKAの誇るバラエティーに富んだチームライダー達から得られるフィードバックをふんだんに生かして、AKAサーフボードシェイプはXTR独自のチューンも盛り込んだ。こうして供給されるAKA XTRサーフボードは、しなり抜群かつ走り出しの良いボードとなる。

あのエポキシプロのハイテクノロジーと、AKAサーフボードのシェイプノウハウ。そして、さまざまなフィードバックによってボードは限りない性能を手に入れた。AKA XTR For Japanはユーザーの要求にきっと答えてくれるはず。XTR For Japanも一押しのAKAを是非試して欲しい。

AKAサーフボード AKAサーフボード

あらゆるレベルのサーファーに適したボードを提供する柔軟なシェイプ


AKAサーフボードの、シェイパーのJayの仕事に対するその姿勢はまさに超一流。多くのシェイパーがコンピューターでプレシェイプの後に、時間をあまりかけないのに対し、常に時間を多くかけてハンドで仕上げていくその仕事ぶりには、ボードに対する熱いものを感じる。彼の使用する道具にもこだわりがあり、いい加減なシェイパーには無い自分専用に開発したツールなども使用することも、彼のボードの完成度を高める日々の努力が伺えるのだ。

AKAサーフボード世界ツアーのプロにもボードを供給している彼は、一般用の乗りやすいボードにも対して造詣が深く、どんな要求にも柔軟に答えてくれる。トッププロのボードを"Whole Diffrent Ball Park(まったく違う物)”と言い切る彼の頭の中には、それぞれのサーファーに対しては、それぞれ最適なサーフボードがあるという彼自身の持論の自信を裏付ける発言だろう。

そして2008年についに、AKAもXTRと共同し、新しい素材・デザインを高いレベルで融合。XTRの開発者のハビアーとも交流を深め、XTR素材への独自のチューンをAKAサーフボードに反映させている。

さあ、カリフォルニアボードの独自の素晴らしさを感じたいサーファー、細かい個別のチューンを望んでいる方、そしてスタイリッシュなサーフィンライフを送りたい人から、パフォーマンスを限りなく高めたい人まですべてにお勧めするAKAサーフボード。ぜひあなたのクイーバーに加えてみてください。きっとあなたのサーフィンライフを豊かにしてくれるはずです。

AKAサーフボード

 

         
ホーム 会社概要 リンク ご利用規約 プライバシー規約   ご質問   FAQ    在庫 キャンペーン   インプレ(日本)   インプレ(世界)   サイトマップ   Pulse   AKA   SB   MAD   カスタム    California   テクニック   特集   XTR記事
セール アクセサリー XTRの性能 XTRファクトリー   Epoxyプロ   品質   News   ギャラリー   ラミネーション   正規代理店   ショールーム   スタッフ   リペアー     マナー   ボード選び    ボードパーツ    ボトム   フィン  
パット 便利アイテム ボードバック FCSフィン   Futureフィン   リーシュコード   ワックス   ステッカー   ボード選び-初級   ボード選び-初中級   ボード選び-中級   ボード選び-上級   リンク    代表挨拶   相互リンク    XTRケアー    ロッカー   ボードデザイン
©Copyright 2007 Epoxy Pro. All Rights Reserved.
Site Design by
Surf4 Design Group. Administered by Y.K.